SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC、米国Super League Gamingと提携 メタバース領域で広告販売を開始

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、メタバースのゲーミングプラットフォーム「ROBLOX」内での広告配信ソリューションを運営するSuper League Gamingとパートナーシップ契約を締結。同社のゲーム内アドネットワーク「SUPER LEAGUE NETWORK」の国内販売を開始した。

海外における広告配信の先行事例
海外における広告配信の先行事例

 ROBLOXは、全世界に2億人以上のMAU(マンスリーアクティブユーザー)を抱えるゲーミングプラットフォームだ。ユーザー自身がクリエイターとしてオリジナルゲームを開発・配信でき、それを世界中のユーザーにプレイ・購入してもらうことで収益化も可能。また、ユーザーはROBLOX内に存在する数千万点以上のゲームをオンライン上でプレイすることができる。全ユーザーの約85%が25歳以下となっている。

 同プラットフォーム内では、コミュニティやエコシステムが形成されているため、Fortniteやマインクラフトに並び、メタバースを体現しているコンテンツの一つと評価されており、Z世代への新規のタッチポイントとして、企業・ブランドによる出展も多数行われている。

 SUPER LEAGUE NETWORKは、ROBLOXのゲーム空間内に、バーチャルサイネージ広告(看板広告)と3Dキャラクター(3Dインタラクティブ広告)の配信面を保有するアドネットワーク。配信面はゲーム内のランドマークに自然な形で挿入されるため、プレイ中に差し込まれる従来の強制視聴型ゲーム広告に比べ、ユーザープレイ体験を阻害せず、忌避感を生まない広告プロダクトだ。

 現在は静止画・動画GIF・3Dインタラクティブキャラクターに対応。また、広告配信時におけるターゲティングなどの機能があり、プレーヤーの属性に合わせた配信制御や、広告が画面内に表示されて10秒で視聴換算するビューアビリティ計測など、従来のデジタル広告と同様のパフォーマンス管理を屋外広告の形式で実現できる。

【関連記事】
DACと博報堂アイ・スタジオ、クッキーに依存せずに状況を捉えた配信が可能なサービスの提供を開始
DAC、ポストcookieID技術を活用したターゲティング広告配信サービスを開始
DAC 、eコマース領域のマーケティング活動を横断的に支援する体制を発足
DAC、1stパーティデータを活用し広告効果計測・サイト解析を行うソリューションの提供を開始
DAC、マーケティングDXに取り組む企業の経営層・管理職向け研修プログラムを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/26 15:15 https://markezine.jp/article/detail/39087

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング