SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC、ポストcookieID技術を活用したターゲティング広告配信サービスを開始

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、同社が開発・提供するDMP「AudienceOne」において確立した、統合ID技術「AudienceOne ID」を、デジタル広告のターゲティング配信に活用するサービスを開始した。

統合IDの活用のイメージ
統合IDの活用のイメージ

 これにより、広告主企業・広告会社・DSPなどのソリューションベンダーはリターゲティング広告など、3rdパーティクッキーへの依存度が高いターゲティング広告手法を、その制限以降も継続して実施できるようになる。

 また、媒体社もリターゲティングやインタレストベースによる広告枠の買い付けが期待できるとともに、自社のオーディエンスデータを活用した広告商品やデータ商品の企画・販売を、3rdパーティクッキーの制限以降も継続して実施できる。

 Googleブラウザの3rdパーティクッキー規制が2023年に予定されているが、DACは同サービスの提供により、効率的な広告配信を継続させたい広告主企業、広告会社、媒体社、ソリューションベンダーの課題解決を支援する。

【関連記事】
DACの「AudienceOne」、3rdパーティクッキーに依存しない統合IDソリューションを導入
DAC、1stパーティデータを活用し広告効果計測・サイト解析を行うソリューションの提供を開始
ポストCookieに対応 マイクロアドがSSPにおいて「RampID」を活用した広告配信へ
インティメート・マージャー、ログリーのサービスと連携 ポストCookie時代に対応した広告配信へ
DNP、GumGumと連携 cookieに依存しないコンテクスチュアル・ターゲティングの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/17 16:30 https://markezine.jp/article/detail/38998

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング