SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

JO1、BE:FIRSTが次に打つべき施策は? ビルボードデータで読み解くファンダムのアクティビティ

応援するアーティストのコンテンツやトピックに自律的に関わり、マーケットの拡大に寄与する「ファンダム」。各アーティストの持つファンダムの傾向や行動を分析することで、次に打つべき施策の方向性がわかる。今回、8指標からなるビルボードジャパンのデータから、YOASOBI・SixTONES・JO1・BE:FIRSTが持つファンダムの特徴や、打つべき施策を紐解く。

8指標からなるビルボードジャパンチャート

 ビルボードジャパンチャートのメインチャート「JAPAN HOT100」は、米国のHOT100の公表を開始した1958年から遅れること50年後の2008年2月より公表を開始しました。ラジオやテレビ番組に紐づかない、複数のデータをコンバインした複合ソングチャートで、現在8種類のデータを合算する網羅性の高いチャートです。

 JAPAN HOT100を構成する8種類の指標データは以下の通りです(カッコ内は文中で用いる略称)。

  • CDシングルセールス(CD)
  • ダウンロードセールス(DL)
  • オーディオストリーミング再生数(STRM)
  • 動画再生数(MV)
  • ラジオ放送回数(R)
  • Tweet数(TW)
  • ルックアップ数(LU)※PCによるCDシングル読み取り回数
  • カラオケ歌唱回数(K)

※データ詳細については弊社ビルボードジャパンサイトのページをご参照ください。 

 これらのデータを合算することで、様々な方法で音楽を楽しむユーザーのアクティビティをカバーし、変わり続ける“ヒットのありかた”をチャート化しています。

 2021年には、ビデオリサーチの提供する番組平均視聴率(関東地区/世帯/個人)と、エム・データの提供するTVメタデータとを組み合わせ、テレビ番組における楽曲使用実績や効果を計測する「Chart insight plus」や、博報堂のコンテンツファン消費行動調査データと組み合わせ、多面的な分析レポートをもとにしたマーケティング支援やコンサルティングを行う「Artist Watch Plus」を新たに開始するなど、法人向けサービスの提供もしています。

 本稿では、これらのデータ分析結果をもとに、BTSの世界的ブレイク以降脚光を浴びることとなった、コンテンツやトピックに自律的に関わることでマーケット自体の拡大に大きく寄与している「ファンダム」にフォーカス。そのアクティビティから見える“ヒットのありかた”を読み解きます。

「楽曲起因型」ファンダムと「アーティスト起因型」ファンダム

 2022年度上半期チャートのアーティストランキング「Artist 100」で首位となったYOASOBI。2020年「夜に駆ける」の大ヒットにより、一気にスターダムを駆け上がった彼らの勢いは今年も続き、複数楽曲がチャートイン、アルバムもロングセラーを記録しています。図1はYOASOBIのJAPAN HOT100における各指標の占有率を半期ごとの推移でまとめたものです(2022年下半期は2週分のみ。以下、どのグラフも同様)。

【図1】YOASOBIの各指標占有率の推移
【図1】YOASOBIの各指標占有率の推移(クリックすると拡大します)

 今年度上半期において、STRMが82.28%と大部分を占め、MV6.38%、DL6.08%、R3.52%と続きます。このような、ストリーミングや動画再生、ダウンロード指標が高い割合を示すアーティストを「楽曲起因型ファンダム」をもつアーティストと定義すると、類似のアーティストとして、「ドライフラワー」「ベテルギウス」がヒット中の優里、2021年12月24日に劇場公開されたアニメ映画『劇場版 呪術廻戦 0』の主題歌「一途」とエンディング・テーマ「逆夢」をヒットさせたKing Gnuが挙げられます。

 一方、上半期複合アルバムチャート「HOT ALBUMS(アルバムセールス、ルックアップ、ダウンロードアルバムセールスの合算)」で首位となったSixTONESに着目します。2022年1月5日にリリースされたアルバム『CITY』には、21年にリリースされたシングル『僕が僕じゃないみたいだ』『マスカラ』が収録され、セールス、ルックアップで1位と、この2指標が牽引して総合首位を獲得しました。

 前項のYOASOBIと同様に、JAPAN HOT100におけるSixTONESの各指標占有率は図2となります。

画像を説明するテキストなくても可
【図2】SixTONESの各指標占有率の推移(クリックすると拡大します)

 今年度上半期において、MV31.36%、LU23.88%、CD22.88%の3指標が大半を占め、K11.93%、TW9.46%と続きます。このようなフィジカル指標が高い割合を示すアーティストを「アーティスト起因型ファンダム」と定義します。類似のアーティストは、Snow Manやなにわ男子などのジャニーズ系、AKB48や乃木坂46のような女性アイドルなど、アーティストの訴求力の高さによって生成されたファンダムを持つアーティストが挙げられます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
両ファンダムのアクティビティの違いから見る音楽シーン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

礒崎 誠二(イソザキ セイジ)

株式会社阪神コンテンツリンク ビルボード事業部長 ビルボード総研グループ担当部長東京外国語大学スペイン語学科卒。92年キティ・エンタープライズ入社、同年クラブチッタ川崎に出向、ライヴ制作、招聘業務等を行う。96年退社後、原盤制作、著作権管理、商品流通管理等、多岐の業務に携わる。06年阪神コンテンツリ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/07 08:00 https://markezine.jp/article/detail/39345

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング