SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「NATO」「ガクチカ」「CSR」……よく検索されるカタカナ・アルファベット語は?ヤフーが調査

 ヤフーは、ヤフー・データソリューションの調査にて「〇〇とは」で検索されたカタカナ・アルファベット語のデータレポートを公開した。

 以下、一部内容を紹介する。

2022年検索1位は「NATO」「プロパガンダ」

 まず、「〇〇とは」で検索されたアルファベット/カタカナのみのキーワードのランキングを2014年から2022年まで調査した。2019年から「SDGs」、2020年にはコロナ禍でよく使われた「パンデミック」「クラスター」や、「Zoom」がランクインした。また、ロシアによるウクライナ侵攻が始まった2022年は「NATO」「プロパガンダ」が1位になり、世間の関心を表す結果となった。

男性はビジネス・投資のアルファベット用語検索が多い傾向

 続いて、性別・年代での検索キーワードの違いを調べた。アルファベットのみのキーワード検索の割合は、少しではあるものの男性が高い結果となった。

 男性のみに出現したアルファベットのキーワードを見ると、「rpa」「esg」「ideco」といったビジネスや投資に関連する用語が多く確認できた。

 最後に、20~24歳に特徴的かつボリュームのあったカタカナのみのキーワードを調べた。「ガクチカ」「サングリア」といった、就職活動やお酒に関するワードが多く検索されたことがわかる。

【関連記事】
ヤフー・データソリューション、「日本関心度マップ」を公開 都道府県別の関心度や変化を可視化
ヤフー・データソリューション、DS.INSIGHTに新機能 特定キーワード検索前後の傾向を調査可能に
コロナ禍の食トレンド/緊急事態宣言で急増した検索ワードは?【ヤフー・データソリューション調べ】
ヤフー・データソリューション、顧客企業への提案等にビッグデータを活用できる新プランを提供
マクロミル、ヤフー・データソリューションと連携した分析サービスの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/08/19 16:00 https://markezine.jp/article/detail/39745

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング