MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ヤフー・データソリューション、DS.INSIGHTに新機能 特定キーワード検索前後の傾向を調査可能に

2020/06/01 14:10

 ヤフー・データソリューションは、ヤフーのビッグデータをブラウザ上で調査・分析できるツール「DS.INSIGHT People」「DS.INSIGHT Place」それぞれに、新機能を追加した。

 「DS.INSIGHT People」は、主に検索データを基に生活者の興味関心を可視化する。今回追加した「時系列キーワード」では、特定のキーワードを検索したユーザーが、その前後でどんなキーワードを検索する傾向があるのかを調査できる。

 たとえば、「冷蔵庫」を検索する1~2週間前には「新築 外溝」「賃貸」といった住宅に関するキーワードが、「冷蔵庫」と同じタイミングでは「洗濯機」「ベッド」といった大型の家具・家電、1~2週間後には「カーテン」「レンジ台」など小型の家具・家電が検索される傾向にある、といったことを調査可能。

「時系列キーワード」機能のイメージ
「時系列キーワード」機能のイメージ

 これにより、特定キーワードの検索の前後で、生活者がどのような興味関心とニーズを持っているのか時系列で知ることができる。なお、調査可能な期間は前後360日まで。

 また、「DS.INSIGHT Place」は、ヤフーに蓄積された位置情報データなどを基に、特定エリアにおける生活者の実態や動きをまとめて可視化する。これまで、エリア内の来訪者数・居住者数を閲覧できるのは1地域(市区町単位まで指定可)ずつだったが、今回最大5地域までを指定して比較調査が可能に。

複数地域の比較のイメージ
複数地域の比較のイメージ

 さらに、基本画面と地域比較画面には、表示されている結果をコピーして貼り付けることができるクリップボードも搭載した。

【関連記事】
Yahoo!ショッピングに見る巣ごもり消費の動向/ダイエット、健康カテゴリーが約4倍に【ヤフー調べ】
コロナ禍の食トレンド/緊急事態宣言で急増した検索ワードは?【ヤフー・データソリューション調べ】
ヤフー、顧客データの保護を担う「データ・プロテクション・オフィサー」を新設
IAS、ヤフーのディスプレイ広告のアプリ内広告においてアドベリフィケーション指標の計測を開始
ヤフー・データソリューション、顧客企業への提案等にビッグデータを活用できる新プランを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5