SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷のスマートパッケージを中国茶ブランドの「半守」が採用 開封検知機能を搭載

 凸版印刷は、同社の開封検知スマートパッケージが、中国茶ブランド「半守(ハーフイズム)」のギフトボックスに採用されたと発表した。

ギフトボックス(左)とNFCタグ読み取り画面のイメージ図(右)

 今回採用されたスマートパッケージでは、紙器構造に開封検知機能を持ったNFC(※)タグを内蔵。これにより、包装外観に影響を与えることなく開封/未開封の確認や不正防止を可能にする。

※RFID (Radio Frequency IDentification)と呼ばれる無線通信による個体識別の技術の一種

 また、スマートフォンなどでNFCタグを読み取った消費者に対し、製品の開封/未開封に応じたコミュニケーションも実現。メーカーは消費者の状態に適したコンテンツや製品情報を提供することができる。

半守ブランドのオンライン画面とNFCタグをスマートフォンで読み取っているイメージ図

【関連記事】
【回答者特典あり!】MarkeZineがアンケート調査を開始
凸版印刷とノルミーが協業 手のひらによる生体認証を実装し、メタバースのセキュリティ強化を目指す
サッポロビール、凸版印刷のASP型ID統合プラットフォームを導入 顧客IDの統合でマーケティング強化
凸版印刷、農産物の地産地消を支援するプラットフォーム「ジモノミッケ!」の実証実験を開始
テレビ朝日が凸版印刷のメタバース空間「メタパ」に出店 番組出演者のアバターが散歩をする仕掛けも

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/09/02 09:30 https://markezine.jp/article/detail/39893

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング