SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷とノルミーが協業 手のひらによる生体認証を実装し、メタバースのセキュリティ強化を目指す

 凸版印刷とノルミーは、手のひらによる本人認証機能を実装したメタバースサービスの開発を開始した。

サービスの全体像
サービスの全体像

 凸版印刷は、メタバース空間の構築を支援するサービス「MiraVerse(ミラバース)」を提供している。一方のノルミーは、スマートフォンのカメラを通じた生体認証技術の開発を手掛けるスタートアップ企業だ。

 両社は共同で、メタバース上に生体認証機能を実装させるシステムの開発を推進。これにより、なりすましや乗っ取りなどの不正行為を防ぎ、メタバースのセキュリティ強化を目指す。

 今後は、バーチャルイベント会場への入場管理機能を開発予定。メタバース上に構築されたイベント会場への入場チケットとして、生体認証を活用できるようにする。

 また、アバターと本人情報の紐づけ機能も開発予定。凸版印刷が提供するアバター生成管理基盤「AVATECT(アバテクト)」において、ユーザー認証方式のひとつにノルミーの生体認証技術を採用する。

【関連記事】
サッポロビール、凸版印刷のASP型ID統合プラットフォームを導入 顧客IDの統合でマーケティング強化
凸版印刷、農産物の地産地消を支援するプラットフォーム「ジモノミッケ!」の実証実験を開始
テレビ朝日が凸版印刷のメタバース空間「メタパ」に出店 番組出演者のアバターが散歩をする仕掛けも
凸版印刷が「DMAP診断サービス」の提供へ マーケティングDX推進の課題を可視化し、対応方針を提示
凸版印刷とオロ、パフォーマンスマーケティング領域で協業 デジタル広告・デジタルメディア最適化等を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/07/29 14:00 https://markezine.jp/article/detail/39577

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング