SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ラック、無料ログ解析ツールをバージョンアップ、巧妙化する「SQLインジェクション」攻撃も検知

 Webアプリケーションの脆弱性を攻撃する手法は、SQLインジェクションやクロスサイト・スクリプティングなど、巧妙で凝った手口による攻撃が大幅に増加。ラックのセキュリティオペレーションセンターJSOC(ジェイソック)のデータによると、Webアプリケーションの脆弱性を悪用する「SQLインジェクション」の攻撃は2007年以降大規模になり、2008年5月にJSOCで検知した攻撃数は15万件超。過去に例を見ないほど爆発的に増加しているという。

「SQLインジェクション」の攻撃数の推移 (ラック/JSOC調べ)

 ラックは独自開発した無料の解析ツール「SecureSite Checker Free」をバージョンアップし、多くのWebサイトで利用されるApache(アパッチ) HTTP Serverへ対応。解読が難しくなってきているSQLインジェクションなど、最新のWebアプリケーション脅威の検知が可能になった。

 「SecureSite Checker Free」は、ラックのWebサイトで利用者登録を行うと、自社のWebサーバのログを解析することが可能になり、外部からの攻撃の痕跡を確認することができる。

【関連記事】
「3年後にSaaS利用しているかも」中小企業の5割に【SaaS利用意向調査】
セキュリティ・ソフトウェア市場、2007 年出荷額見込み前年度比109.8%
米GoogleのPostini買収成立、Google Appsのセキュリティ向上でビジネス利用拡大を目指す
『高機能・高セキュリティ・簡単運用』を満たす次世代レンタルサーバ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/09 11:57 https://markezine.jp/article/detail/4000

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング