SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー!「2006年 検索ワードランキング」1位は「mixi」

 ヤフーは、「ヤフー!ジャパン(以下、ヤフー!)」のトップページなどで、検索に使われたキーワードの集計結果「2006年検索ワードランキング」を12月1日に発表した。集計は、2006年1月1日から11月5日の検索動向を対象に行われた。

 2006年総合ランキングの1位は「mixi」。昨年1位だった「2ちゃんねる」は2位と順位が入れ替わった。総合ランキングのトップ10は以下のとおり(カッコ内は昨年の順位、「-」は昨年51位以下)。

 1位 mixi (12位)
 2位 2ちゃんねる (1位)
 3位 Google (2位)
 4位 楽天 (3位)
 5位 Amazon (5位)
 6位 goo (4位)
 7位 YouTube (-)
 8位 ANA (7位)
 9位 JAL (6位)
 10位 MSN (8位)

 7位に入った動画サイト「YouTube」は9月の利用者が月間734万人になるなど「動画元年」といえる勢いを見せて7位にランクイン。見逃したテレビ番組名と組み合わせた検索が多く見られた。

 著名人ランキングの総合トップ3は、1位「倖田來未」、2位「KAT-TUN」、3位「中川翔子(しょこたん)」。また、モデルブームを象徴するかのように「蛯原友里」「押切もえ」「梨花」といった名前の検索数も上昇している。

 テレビ番組では「あいのり」が1位、マンガ・アニメランキングでは「DEATH NOTE」が1位。

 ここまでは「定番」の検索キーワード。2006年に話題になったキーワードの検索数に注目すると、「きっこのブログ」「涼宮ハルヒの憂鬱」「数独」がトップ3。また、自民党総裁選の際には、2ちゃんねるに言及したことから、ネット市民の注目を集めた「麻生太郎」の検索数が増加したという。

 ヤフー!では、12月1日から2007年1月9日までの間、検索ワードランキングをまとめた「2006年検索ワードランキング特集」を公開し、さまざまな注目トピックの分析などを紹介する。

プレスリリース:「Yahoo! JAPAN、「2006年検索ワードランキング」を発表」

「2006年検索ワードランキング特集」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:35 https://markezine.jp/article/detail/401

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング