SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

人を育てる。組織を育てる。

DXは頑張らないことが大事。コスモエネルギーHD CDOが話す「変化を起こせる組織作り」のポイント

 マーケティング業界でも深刻な問題となっている人材不足とどう向き合い、どこに解決の糸口を見つけるか? また、ビジネスをリードできる強いマーケティング組織をいかに作っていくか? 各社の取り組みを探る本連載。第13回は、コスモエネルギーホールディングスのCDO ルゾンカ典子氏を取材した。本稿には、定期誌『MarkeZine』82号に掲載した記事の後編として、誌面には収まりきらなかった内容を収録した。ぜひ前編とあわせてご覧いただきたい。​​​​​​

DXは「頑張らない」ことが大事

――ルゾンカさんは、米国や外資系企業で長いキャリアをお持ちです。そこでお聞きしたいのですが、そもそも米国では「DX」という言葉すら見聞きしないとよく聞きます。日本企業がこれだけで声高にDXの推進を掲げているにも関わらず、なかなかうまく進まないのはなぜだと思われますか?

 私は、これには日本ならではの文化的背景が関係していると思っています。DXを進めるときは、「頑張ったらいけないこと」が多々出てきます。「いかに効率化するか、楽をするか」を考えていくのがDXとも言えるかもしれません。ところが、日本人は、いい意味でも悪い意味でもすごく真面目で、多少非効率な仕事も言われたら頑張ってやってしまうんですよね。外資系の企業では考えられないような仕事を手作業でやっていたりします。こうした日本的な背景があるために、DXが「これまで自分たちが頑張ってきたこと」や「大切にしてきたこと」と逆行する形になってしまっているように思います。

 この課題を解決するためには、やはりマネジメント層の意識改革が重要です。「今はうまくいっているから」とか「今なんとかなっているから」と見過ごさず、まずはマネジメント層がアジャイルな考え方を持って、新しいことにチャレンジできる雰囲気を醸成していかなければいけません。私もこの部分は意識的に取り組んでいて、「今みなさんが頑張っていること、今のやり方でも進められることは理解しているけど、その分の時間を他のことに費やしてもらいたい」と丁寧に説明することを大事にしています。

――全社を巻き込んでDXを進めていくとき、他に意識していることはありますか?

 装置産業である石油事業をベースとするコスモエネルギーグループにとって、「安心安全な操業」は最も重要なものです。ですので、新しい物事に対面するとき、社員が気持ちを引き締めたり、守りの姿勢を示したりするのは当然のことだと思っています。そこで、私はなるべくリスクを小さく切るように、いつも意識しています。何でもかんでも小さく切ればいいというわけでもなく、リスクを小さくするために、マイルストーンを細かく設定するイメージですね。プロジェクトの期間、エリア、投資額など色々な視点からリスクを複合的に考えていきます。

 そして、DXは推進する側ではなく、あくまで現場にいる社員が主役です。現場の社員が「なぜこの取り組みが必要なのか?」を理解した上で進めることも大切です。コーポレートDX戦略部ですべてをコントロールしようとは思っておらず、現場のみなさんのサポート役あるいはイネーブラーでありたいと思っています。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
「変化を起こせる」組織にしていくために

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
人を育てる。組織を育てる。連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/17 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40126

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング