SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント、AIを活用した小売り企業向け省電力・脱炭素ソリューションの提供へ

 サイバーエージェントのAI事業本部は、小売り企業のGX(グリーントランスフォーメーション)を支援する「小売GXセンター」を新設した。同組織では、店内の無駄な紙やチラシなどの削減に貢献するデジタルサイネージの設置など、小売業における省電力・脱炭素ソリューションの提供を行っていく。

 またGXソリューションの第一弾として、販促への影響を最小限かつ最適なタイミングに自動でデジタルサイネージの電力消費量を削減する「ミライネージ for Green」の提供を開始した。「ミライネージ」とは、小売り店舗に設置したデジタルサイネージをネットワーク化し、サイネージ単位でリモート操作できる小売業向け店舗サイネージ配信プラットフォームだ。

 「ミライネージ for Green」では、購買データおよびサイネージの視聴データから販促効果を分析。システム上で設定されたタイミングにあわせ、自動でサイネージを省電力モードへと切り替える。これにより、店頭のオペレーションコストをかけず電力消費量の削減を実現する。

【関連記事】
Z世代で「SPY×FAMILY」が流行/世代間ギャップ1位は「チグハグ」【サイバーエージェント調査】
サイバーエージェント「AI Lab」、グリーンローソンで2種のロボットを用いた販促効果の検証を開始
サイバーエージェント、「極予測AI」にクリエイティブバナー外テキストを自動生成する機能を追加
サイバーエージェント、商品が自ら販促活動をする自己推薦ロボットの実証実験を開始 新たな店内販促を模索
サイバーエージェント、小売企業のアプリ開発を支援する「CARTアプリ」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/01/24 17:45 https://markezine.jp/article/detail/41087

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング