SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイバーエージェント「AI Lab」、グリーンローソンで2種のロボットを用いた販促効果の検証を開始

 サイバーエージェントの研究開発組織「AI Lab」は、大阪大学大学院基礎工学研究科の先端知能システム共同研究講座およびローソンと共同で、接客ロボットの実証実験を開始した。

 同実証は、グリーンローソンの店舗において2種のロボットを用いて実施。商品そのものが自ら動いて販促活動を行う「自己推薦ロボット」と、人のように体を動かしながら商品の販促活動を行う「コミュニケーションロボット」を用いた分業型推薦が、来店者の行動変化や購買促進にどのように影響するかを検証する。

 なおグリーンローソンとは、食品ロス削減やプラスチック削減といった環境負荷軽減の取り組みに加え、様々な制約にとらわれず活躍できる社会の実現、新しい便利を目指した「アバター接客」などサステナブルな取り組みを集約させたローソン店舗のこと。

【実験概要】
検証内容:分業型推薦による来店客の行動変化の検証(興味を示す、立ち止まる、購買するなど)
検証条件:1.自己推薦ロボットとコミュニケーションロボットによる分業型推薦
2.自己推薦ロボットのみの推薦
3.コミュニケーションロボットのみの推薦
実施場所:グリーンローソン(ローソン北大塚一丁目店)
実験期間:2022年11月28日(月)~12月18日(日)

【関連記事】
サイバーエージェント、「極予測AI」にクリエイティブバナー外テキストを自動生成する機能を追加
サイバーエージェント、商品が自ら販促活動をする自己推薦ロボットの実証実験を開始 新たな店内販促を模索
サイバーエージェント、小売企業のアプリ開発を支援する「CARTアプリ」の提供を開始
サイバーエージェント、新子会社「CA無人店舗」を設立 無人店舗ソリューションを提供・開発
サイバーエージェントとエクサウィザーズが業務提携 AI開発から運用改善までワンストップで対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/29 13:15 https://markezine.jp/article/detail/40679

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング