SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

鳥取県、「メタバース課」立ち上げとAIアバター職員採用を発表 「メタバース関係人口」創出を目指す

 鳥取県は、Web3.0時代を見据えた「メタバース関係人口」創出に向けて取り組んでいくにあたり、同県庁内に架空の部署「メタバース課」の立ち上げを発表した。さらに自治体オリジナルAIアバターを職員第一号として採用も行う。

鳥取県「メタバース課」
鳥取県「メタバース課」

 同課では、NFTを活用した鳥取応援プロジェクトや、メタバース上での魅力発信など、リアルの鳥取観光や物産振興はもちろん、これまでにない新たな関わり方の創出を目指す。

 メタバース空間内での鳥取県の知名度を高めることで、世界中の人々と新たなつながり=「メタバース関係人口」を生み出し、ゆくゆくは人口減少や高齢化など、様々な課題解決へつなげていく構えだ。

 なお今回、Web3.0領域で協力する「XANA」が開発したNFT『XANA:GENESIS』に着目。自治体における活用の可能性を相互に検証することを目的に、鳥取県オリジナル版としてカスタマイズし、音声会話や感情表現が可能なAIを搭載したAIアバター職員として採用した。

 AIアバター職員は24時間365日、メタバース空間を通じて世界中から鳥取県に興味を持た人々と、コミュニケーションをとっていく。

【関連記事】
FIREBUGとcolorverse、タレント×メタバースを活かしたプロモーション施策を支援へ
「メタバース利用者」のインサイトを知り、デジタル-リアル空間のコミュニケーション方法を考える
キャリアボットと関西学院大学、「メタバース上でのキャリアセンター」の有効性に関する実証実験を開始
HIS、アニメ・マンガコミュニティ「MyAnimeList」と提携 メタバースを活用した魅力の発信へ
メタバースの認知、70%を超える/課金総利用額は約3倍に【電通グループ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/02/03 07:00 https://markezine.jp/article/detail/41197

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング