SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メタバースの認知、70%を超える/課金総利用額は約3倍に【電通グループ調査】

 電通グループは、社内組織「電通イノベーションイニシアティブ」および国内電通グループ5社と共同で組成したXRテクノロジーに関する共創型組織「XRX STUDIO」を調査主体として、「メタバースに関する意識調査2022」を実施した。

メタバースの認知、約4倍の増加

 まず、「メタバース」という言葉の認知度について調査した。その結果、2022年は全体で71.0%が認知しており(「どのようなものか知っている」「見聞きしたことがある」の合計」)、前年比で+52.4ptと増加した。特に40~50代は71.8%(前年比+57.9pt)となり、大幅に認知が拡大した。

クリックして拡大

 次にメタバース上における課金サービス年間利用者数を調べると、前年比の1.4~1.7倍に増加した。一人当たりの年間利用額(平均)も前年比1.6~2.2倍に増加し、課金サービス年間総利用額は前年比で約3倍となった。

クリックして拡大

Z世代の女性はメタバース上のクリエイティブな活動に関心

 続いて、メタバース上でできることについて項目ごとの関心を尋ねた。すると、Z世代の女性は全体と比べて「アバターの作成・カスタマイズ」「自分に似せたアバターの作成」「空間の設計・デザイン」など、クリエイティブな項目のスコアが10pt以上高いことがわかった。

クリックして拡大

 メタバースを体験したことがある人の特徴を調べると、「新商品や話題の商品・スポットの情報は、自分から周囲の人へ発信する」「複数の手段・視点で情報収集を行っている」「日頃から情報収集を積極的にしているほうだ」など、アーリーアダプターの特徴を示す項目が20pt以上高い結果となった。

クリックして拡大

 最後に、メタバースにおいてどんな体験を行ったことがあるかを尋ねた。Z世代は全体と比較して「非日常との出会い・異空間の体感」「仮想空間上で利用できる、3Dアイテムの購入」などのスコアは低く、「アバターの作成・カスタマイズ」「仮想空間上でのユーザー同士のコミュニケーション」などのスコアが高くなった。

 一方、40~50代は「仮想空間上でのユーザー同士のコミュニケーション」「仮想空間上でのイベント参加」のスコアは低く、「仮想空間上に再現された街やスポットの散策」「自分に似せたアバターの作成」などのスコアが高くなった。

クリックして拡大

【調査概要】
調査対象:日本全国15~59歳の2,000人
調査手法:インターネット調査
調査期間:2021年調査は2021年11月2日(火)~11月4日(木)、2022年調査は2022年8月30日(火)~9月2日(金)
調査機関:電通マクロミルインサイト

【関連記事】
電通グループ、「世界の広告費成長率予測」を発表 2023年は3.8%成長、初の100兆円見込む
電通グループ傘下のMerkle、Aware Servicesを買収 データ活用・分析力の強化へ
電通グループの国内事業、「dentsu Japan」にブランド名を変更 関西・中部代表の設置へ
電通グループ、メタバース上でフェス会場事業を開始 第一弾としてテレビ東京の音楽イベントへ提供
電通グループ、経営体制を刷新 グローバル経営を推進する「グループ・マネジメント・チーム」を組成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/26 11:15 https://markezine.jp/article/detail/40914

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング