SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第87号(2023年3月号)
特集「話題化で終わらない、Instagram活用」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジーニーとジチタイアド、2023年度の気象庁HP広告運用事業を支援 3年連続で広告配信システムを提供

 アドテクノロジー領域においてプロダクトの自社開発・提供を行うジーニーと、自治体に特化した広告受注・販売サービスを展開するジチタイアドは、昨年に引き続き2023年度の気象庁ホームページ(以下、気象庁HP)の広告配信システムの提供並びに保守の開始を発表した。

 気象庁HPにおける広告運用事業は、2020年から始まった取り組みで、HPを広告媒体として活用により、持続的かつ安定的な情報提供を効率的に維持・推進することを目指すもの。具体的には、気象庁専用のDSP(Demand Side Platform)を立ち上げ、外部DSPとの接続を完全に遮断することで、審査フローを通過した広告のみが広告配信サーバー上に登録・配信される。

 両社は気象庁HP広告の適切かつスムーズな運用を継続して実施し、他の自治体や官公庁のニーズに合わせて同システムの導入拡大を目指す。

【関連記事】
三井住友カードとアド・セイル、行政・自治体向けに観光マーケティング支援を開始
マイクロアド、地方自治体向け広告配信サービス「UNIVERSE for ふるさと納税」の提供へ
サイバーエージェント、「極予測TD」に大規模言語モデル活用 生成可能な広告テキスト数が160%へ増加
運用型広告、2兆円を突破/電通グループ5社が「2022年 日本の広告費」の詳細分析を発表
スマートニュース、広告事業の認定代理店制度の詳細を発表 複数の参加特典を付与予定

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/03/17 15:00 https://markezine.jp/article/detail/41720

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング