SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

生活者データバンク

【調査】シェアモビリティが生活者にもたらす変化とビジネスチャンスとは?

 3年以上続くコロナ禍の中で、人の移動の変化が注目され、変化した都市の風景が世界中から報じられてきました。本稿では、様々なデータからコロナ禍の日本における移動の変化を振り返りながら、移動の変化がもたらすビジネスチャンスについて考えます。

完全には戻らない都心の人流

 図表1に、東京の主要4駅(新宿、渋谷、東京、池袋)における人流を2020年1月を100%として示しました。データからは、東京都心の人流は感染拡大前の8割程度に達してから伸びが鈍化していることがわかります。コロナ禍におけるリモートワークの普及や職場での飲み会の減少といった“密”を避けるための変化が、アフターコロナの生活様式としてある程度定着したことがうかがえるでしょう。

図表1:東京の主要4駅(新宿、渋谷、東京、池袋の合計)の平日の人口
図表1:東京の主要4駅(新宿、渋谷、東京、池袋の合計)の平日の人口

コロナ禍に大きな影響を受けた公共交通

 人々が利用する交通手段にも変化とその定着が見られます。図表2に、国土交通省が発表する2020年から2022年にかけての鉄道、バス、自家用車による移動距離のデータを2020年1月を100%として示しました。

 コロナ禍の影響を大きく受けたのは鉄道とバスです。2020年4~5月で鉄道は45%、バスは30%程度まで落ち込みました。特に鉄道は2022年後半でもコロナ前の8割程度にとどまっています。リモートワークの普及によって郊外から都心への電車通勤が減少したとすれば、コロナ前の8割程度という水準が今度も継続する可能性があります。

 鉄道やバスといった公共交通が大きな影響を受けたのに対して、自家用車での移動は2020年4~5月でも8割程度にしか落ち込んでいません。コロナ禍において、多くの人が一緒に乗り込む公共交通機関の利用が避けられたのに対し、パーソナルな移動手段である自家用車への影響は比較的小さかったことがわかります。

図表2:交通手段別の移動距離
図表2:交通手段別の移動距離
 

コロナ禍のパーソナルな移動手段として普及が加速したシェアモビリティ

 コロナ禍を通じて、パーソナルな移動手段として重宝された自家用車ですが、すべての人が利用できたわけではありません。自動車検査登録情報協会によれば、1世帯当たりの自動車の所有台数は都市部で低く、東京では0.42台、大阪では0.63台です。公共交通機関の利用が難しいコロナ禍において、自家用車を持たない人にもパーソナルな移動を可能にしたのが、乗り物を“所有”ではなく、“共有”することが特徴のシェアモビリティです。

 図表3に、2021年2月から2年間のシェアモビリティの推計利用人数(15~69歳)の推移を示しました。スマートフォンアプリの利用ログから、カーシェアは6つ、シェアサイクルは4つ、シェアキックボードは2つのスマートフォンアプリのうちいずれかを各月に1回以上利用した人の割合を算出し、人口と掛け合わせて利用人数を推計しました。性年代別、地域別といった詳細な粒度で複数のアプリの利用状況を分析できるのは、スマートフォンアプリの利用ログが持つ特徴の1つです。

 データからは、シェアサイクルとシェアキックボードの利用人数がどちらも約2年間で2.7倍に増加していたことがわかりました。対してカーシェアの利用人数は1.6倍の増加です。シェアモビリティ全体の中でも、自転車やキックボードといった小型のシェアモビリティの普及が特に著しかったと言えるでしょう。公共交通機関の利用が控えられたコロナ禍において、小型のシェアモビリティがそれに代わるパーソナルな移動として急速に広がったことがうかがえるデータです。

図表3:シェアモビリティの月間利用者数推移(15~69歳)*シェアキックボードは2021年4月からサービス開始
図表3:シェアモビリティの月間利用者数推移(15~69歳)*シェアキックボードは2021年4月からサービス開始
この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
性年代別・シェアモビリティの普及率

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
生活者データバンク連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山津 貴之(ヤマツ タカユキ)

株式会社インテージ 事業開発本部 デジタル・ビジネス・ディペロップメント部 アナリスト2014年に大学卒業後インテージへ入社。小売店パネルの運用部署にてパネルデータの品質管理を担当。機械学習を用いたデータクリーニングロジックを開発。2017年からはスマートテレビ視聴ログを用いた商品”Media Ga...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/13 09:30 https://markezine.jp/article/detail/41877

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング