SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今日からはじめるアフィリエイトマーケティング実践講座

第2回 ASP選択のポイント(2)

前回は、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を利用する際のメリット、デメリットについて説明しました(記事はこちらから)。今回は独自にアフィリエイトを開発した場合のメリット、デメリットを解説します。

自社ニーズに合わせ自在に構築できる独自アフィリエイト

 独自開発のメリットは、なんといっても自社ニーズにあった「理想のアフィリエイトシステム」が構築できる点でしょう。自社の管理ツールやアフィリエイトサイトに提供する各種機能などが、自由に設計でき、必要に応じたバージョンアップも随時行うことができます。

 本格的なアフィリエイト展開を考えているのであれば、こうした柔軟性も重要です。たとえば、楽天市場が独自に展開しているアフィリエイト・プログラムでは、コミッションの支払いは現金ではなく、楽天ポイント。商品を紹介して手にいれたポイントは、再び楽天でのお買い物に使われるという好循環が成立しています。また、紹介したい商品をキーワードやジャンルで検索してリンクを作成するインターフェイスは、ユーザとして楽天市場を使い慣れている人にとって親しみのあるもので、それが楽天アフィリエイトの人気の理由のひとつにもなっています。

 購入履歴の画面でレビューを書けば、すぐにそのレビューが楽天市場内で公開され、自動的にそのリンクがアフィリエイトのリンクになるなど、サイト運営をしていない人でも手軽に、そしてあまり意識せずにアフィリエイトができるといったような、独自開発ならではの仕組みが、いろいろあります。

 また、ASPに対して支払うコストがない分、アフィリエイト向けのコミッションを高めに設定することができるのもメリットのひとつです。ASP経由と独自開発とを併用しているECサイトでは、独自展開プログラムでコミッションを少し高めに設定しているケースも見られます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
独自開発のデメリット

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今日からはじめるアフィリエイトマーケティング実践講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和田 亜希子(ワダ アキコ)

1994年早稲田大学政治経済学部卒。住友銀行、ライコスジャパン(検索エンジン)、カレン(メールマーケ支援)を経て2001年独立。アフィリエイトASP「LinkShare」からの受託で、個人アフィリエイト支援業務やアフィリエイトコンテストの開催に携わり、またECサイトのアフィリエイト導入やアフィリエイト・リレーションシップ・マネジメント(ARM)にも従事している。1999年に立ち上げた日本で最初のアフィリエイト専門情報サイ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング