MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第2回 ASP選択のポイント(2)

2006/06/28 15:00

前回は、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を利用する際のメリット、デメリットについて説明しました(記事はこちらから)。今回は独自にアフィリエイトを開発した場合のメリット、デメリットを解説します。

自社ニーズに合わせ自在に構築できる独自アフィリエイト

 独自開発のメリットは、なんといっても自社ニーズにあった「理想のアフィリエイトシステム」が構築できる点でしょう。自社の管理ツールやアフィリエイトサイトに提供する各種機能などが、自由に設計でき、必要に応じたバージョンアップも随時行うことができます。

 本格的なアフィリエイト展開を考えているのであれば、こうした柔軟性も重要です。たとえば、楽天市場が独自に展開しているアフィリエイト・プログラムでは、コミッションの支払いは現金ではなく、楽天ポイント。商品を紹介して手にいれたポイントは、再び楽天でのお買い物に使われるという好循環が成立しています。また、紹介したい商品をキーワードやジャンルで検索してリンクを作成するインターフェイスは、ユーザとして楽天市場を使い慣れている人にとって親しみのあるもので、それが楽天アフィリエイトの人気の理由のひとつにもなっています。

 購入履歴の画面でレビューを書けば、すぐにそのレビューが楽天市場内で公開され、自動的にそのリンクがアフィリエイトのリンクになるなど、サイト運営をしていない人でも手軽に、そしてあまり意識せずにアフィリエイトができるといったような、独自開発ならではの仕組みが、いろいろあります。

 また、ASPに対して支払うコストがない分、アフィリエイト向けのコミッションを高めに設定することができるのもメリットのひとつです。ASP経由と独自開発とを併用しているECサイトでは、独自展開プログラムでコミッションを少し高めに設定しているケースも見られます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5