SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Archaic、自社AI技術とChatGPTを統合したシステムを提供へ 需要予測やレコメンドに活用

 AI技術開発を手掛けるArchaicは、自社開発の「Video AI」「診断AI」「需要予測AI」「リコメンデーションAI」と、GPT-4の統合によるAIシステムの提供を開始した。

 まず「Video AI」では、店舗内のビデオデータから抽出した顧客の属性・性別・来店人数などのデータにChatGPTを組み合わせ、チャットシステムを提供。店舗のコンサルティング支援を行う。また医療現場での診断支援をする「診断AI」においては、ChatGPTを活用することで患者が利用できる医療チャットシステムを開発した。

クリックして拡大

 販売データや流通データ、市場調査などから需要予測を行う「需要予測AI」では、経営アドバイスシステムを提供。顧客嗜好の変化に対応した商品戦略の立案や、在庫・製造計画の最適化が可能だ。

 「リコメンデーションAI」では、顧客の過去の購入履歴や行動データ、アンケート回答などのデータから、最適な商品を提案する際にパーソナライズされた紹介文を自動生成できる。

 さらに同社の専門家が企業のビジネスや業務に合わせたカスタマイズを行い、最適なAI統合モデルを構築・設計。開発から導入、保守までのプロセスをサポートしていく。

【関連記事】
Insight Science、AIでコピーを自動生成する「UniCopi」リリース
AViCとShirofune、AI動画広告サービス「Cre Tech Force」ベータ版を提供
アライドアーキテクツとCoeFontが連携 「LetroStudio」においてAI音声機能の提供へ
オプト、「CRAIS for Text」でGPT-4対応を発表 生成した文の90%が広告利用可能に
noteの「AIアシスタント(β)」、全ユーザーが利用可能に AIがコンテンツ作成をサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/20 15:30 https://markezine.jp/article/detail/42044

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング