SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

無料LPOツール「ねこすけLPO」公開、タグ付けだけでLPOが可能に

 ねこすけは24日、ASPタイプのLPOツール「ねこすけLPO」を公開した。同社Webサイトでメールアドレスを登録することにより、無料で利用できる。

 LPOツールとは、検索エンジンなどのサイト外から最初にアクセスされるページ(ランディングページ)のコンテンツを、動的に変更するツール。1つのページに複数の表示パターンと条件を設定することで、サイト訪問者に合わせたランディングページの表示が可能となる。

 ねこすけLPOはASPタイプのツールのため、タグの挿入だけで簡単に設定することができる。スプリットラン(A/Bテスト)機能にも対応しており、同じきっかけでアクセスして来た人に対して、コンテンツAとコンテンツBを半分ずつ見せる事も可能。効果検証機能も組み込まれているため、ランディングページにどのようなコンテンツが最適かを把握することができる。

 また、プログラムコードをオープンソースで公開しており、自社サーバでの利用や、目的に合わせた機能追加も可能となっている。Sourceforge内のねこすけプロジェクトページよりダウンロードできる。

 なお、ログの保存期間は3ヵ月で、1ヶ月のLPOツールによるコンテンツ書き換え上限回数は25,000回まで。

 
【関連記事】
購買意欲を刺激する行動ターゲティングLPO
BtoBサイトが陥いりやすい罠~そのLPOでコンバージョンは増えるか?
LPO戦国時代を勝ち抜け!業界比較で見えてくるLPO対策の勘所
もうサイト訪問者を逃がさない…!(LPO前編)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松藤 壯太(編集部)(マツフジ ソウタ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング