SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブレインパッドと伊藤忠商事、「生成AI研究ラボ」を共同設立 業務変革や新規ビジネス開発を支援

 ブレインパッドと伊藤忠商事は、ChatGPTなどの生成AIを用いて企業の業務変革や新規ビジネス開発支援を行う「生成AI研究ラボ」の共同設立を発表した。

 これにともない、伊藤忠商事では全社員が生成AIを自由に活用できる環境を整備。日常業務を通して生産性向上の検証を開始し、生成AIの実用化を目指す。

 また将来的には、新規事業開発や同社グループの事業における生成AIの活用も検討。生活消費分野における顧客属性に合わせた商品やサービスのレコメンデーション機能の提供、サービス内容の自動照会など、競争力を高めるための施策を検討していく。

 なおブレインパッドは、生成AI について社内でも研究プロジェクトを進めており、パートナーであるグーグル・クラウド・ジャパンを招いた生成AIに関するウェビナーの企画や、日本マイクロソフトのAIパートナーとしての連携を活かしながら、LLM(Large Language Models、大規模言語モデル)をはじめとする調査・研究を進めている。

 今回の取り組みにおいては、社内の研究プロジェクトの活動と、伊藤忠グループの生活消費分野の現場における技術検証・実証実験を連携させながら、生成AIの早期ビジネス実装を目指す。

【関連記事】
生成AI活用普及協会が設立、生成AIを活用するスキルの可視化により社会実装を目指す
生成AIの使用経験「あり」と回答した人は14.9%/使用経験者の最も多い職業はエンジニア/ナイル調査
NEC Xがスタートアップ「QI」を設立 生成AIを活用したコンテンツ作成プラットフォームを提供
ナイル、生成AIを活用した業務改善コンサルティングサービスを提供開始
CAICA DIGITALと凸版印刷が連携、NFTプロジェクトの成長を一貫して支援が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/15 08:00 https://markezine.jp/article/detail/42220

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング