SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ワンメディア、AIモデルエージェンシー事業を発足 AIスターインフルエンサーをプロデュース

 クリエイターとブランドのSNS/デジタルコミュニケーションをプロデュースするワンメディアは、6月1日、会社創業から10期目を迎えた。これを機に、今後更なる動画クリエイティブの発展を目指して、新事業「AIconic Studios(アイコニックスタジオ)」の発足を発表した。

 AIモデルエージェンシー「AIconic Studios」では、AI研究を推進するクリエイターを軸にモデルを生成し、SNSアカウント運用および投稿するヴィジュアルコンテンツの制作を行うことで、AIスターインフルエンサーのプロデュースを行う。そのために、同社が培ってきた、動画制作・メディア運用・クリエイターマネジメントなど動画を軸としたノウハウとネットワークをクリエイターに対し提供する。

AIconic Studiosの概要
AIconic Studiosの概要

 加えて、気鋭のAIアーティストの発掘およびサポートの展開も行う。現在、海外で活動するクリエイターとのネットワーク構築を開始しており、企画協力・素材提供・ビジネス協業など様々な方向から活動を支援していく予定。

 今後は、生成AIを活用した案件の獲得や企画進行を行い、AIモデルと企業とのコラボレーション実績を築くことを目指し、案件協業を進めていく。

【関連記事】
AIが、テクノロジーに革命を起こそうとしている~Adobe EMEA Summit 2023開催
アビックス、AIサイネージソリューション「AIインサイト」に視線認識機能を実装
DAC、生成AIを用いたデジタルマーケティング支援ソリューションの社内検証を開始
Google広告、ジェネレーティブAIを活用した新たな機能を発表
Firework、生成AIを活用した動画コマース向けソリューションを発表 動画視聴者の質問へ自動回答

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/13 08:00 https://markezine.jp/article/detail/42489

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング