SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クロスロケーションズ、多言語リッチアド制作と多言語コンシェルジェサービスを提供開始

 クロスロケーションズは、インバウンド旅行者向けのマーケティング支援として、多言語リッチアド制作と多言語コンシェルジェサービスを提供開始する。

多言語リッチアドの一例(イメージ)

 同社は、世界約16億IDの位置情報データなどを活用した広告配信サービスを提供する企業。訪日外国人の国内滞在エリアに加え、訪日前の外国人の居住国特定エリアや帰国後の居住エリアも特定の上、広告配信が可能だ。

 今回提供を開始するサービスでは、動画広告や地図による道案内広告などのスマホリッチアドを英語や中国語、韓国語など多言語で配信可能に。さらに、多言語コールセンターを運営するインバウンドテックとパートナーシップを締結。訪日外国人旅行者の母国語によるコンシェルジェサービスを提供する。

 広告から多言語対応コンシェルジェサービスを連携することも可能。これにより、リッチアドで訪日外国人旅行者に認知してもらい、かつ多言語コンシェルジェサービスを提供することで、自店舗や観光地への来訪確率の向上を期待できる。

【関連記事】
クロスロケーションズ、位置情報を活用した広告配信サービスを開始 地図表示やエリアでテキストが変化
マイクロアドら、地方自治体向けにインバウンドプロモーションサービスの提供へ 台湾人観光客の誘致を支援
LIFE PEPPER、30ヵ国超のインフルエンサーが起用できるサービス開始 インバウンド促進を支援
Vpon JAPANとTakeMe、インバウンド回復に向け訪日観光客へのプロモーションを目指す
クロスリスティング、インバウンドマーケティングを支援する「Sienca」リリース 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/22 11:49 https://markezine.jp/article/detail/43575

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング