SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第95号(2023年11月号)
特集『「知らなかった」では済まされない、法規制とマーケティング』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クロスロケーションズ、位置情報を活用した広告配信サービスを開始 地図表示やエリアでテキストが変化

 クロスロケーションズは「スマホ位置情報広告」において、「Tap to Map」と「ダイナミックテキスト」の提供を開始した。スマホ位置情報広告とは、消費者の位置情報と嗜好・特性・属性などを掛け合わせてターゲティング配信を行う仕組みだ。

 Tap to Mapは指定したエリアにいる消費者のスマホに広告を配信し、クリックすると店舗までの地図を表示して誘導する。

「Tap to Map」のイメージ
「Tap to Map」のイメージ

 またダイナミックテキストは、複数店舗のうち最寄りの情報を自動的に出し分けるなど、消費者の行動エリアに合わせて広告表現を変化。消費者が過去に訪れた場所の情報を元にしたヒストリカルターゲティングと、現在いる場所の情報をもとにしたリアルタイムジオターゲティングの手法で広告配信を行うことが可能だ。

「ダイナミックテキスト」のイメージ
「ダイナミックテキスト」のイメージ

【関連記事】
特定地点を訪問した消費者に広告を配信 クロスロケーションズが「ロケーションCRM広告」の提供へ
屋外広告の新宿3D猫はどのような人が見ているのか?【クロスロケーションズ調査】
クロスロケーションズ、位置情報広告配信「XL Advertising」にて競合比較機能を追加
クロスロケーションズ、人流統計データを提供開始 位置情報ビッグデータのAI解析システムとAPI連携
クロスロケーションズ、店舗周辺の人流を性・年代別に把握できる「デモグラ速報」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/02/22 15:15 https://markezine.jp/article/detail/41278

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング