SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループのグローバル・チーフ・クリエーティブ・オフィサーに佐々木康晴氏が就任

 dentsu Japanは、同社のクリエーティブ CEOである佐々木康晴(ささき・やすはる)氏が、電通グループのグローバル・チーフ・クリエーティブ・オフィサーに就任したことを発表した。

佐々木康晴氏 1995年、電通に入社。電通アメリカ(現:dentsu Americas)ECD(エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)、電通第4CRプランニング局長などを経て、2021年に同社執行役員に。2023年にdentsu Japan クリエーティブ CEOに就任した。「カンヌライオンズ」ではCreative Data Lions(2019年)やBrand Experience&Activation Lions(2022年)の審査委員長、D&ADやSpikes Asiaなどの広告賞の審査委員長を務める。
佐々木康晴氏
1995年、電通に入社。電通アメリカ(現:dentsu Americas)ECD(エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)、電通第4CRプランニング局長などを経て、2021年に同社執行役員に。2023年にdentsu Japan クリエーティブ CEOに就任した。「カンヌライオンズ」のCreative Data Lions(2019年)やBrand Experience&Activation Lions(2022年)の審査委員長、D&ADやSpikes Asiaなどの広告賞の審査委員長を務める。

 日本、米州、EMEA、APACの世界4事業地域を統括する電通グループでは、成長戦略の加速とクライアント中心な組織変革を推進するため、各事業地域を直接統括するグループ・マネジメント・チームの再編成を進めている。

 佐々木氏は2023年より、dentsu Japan クリエーティブ CEOとして同チームに参画。今回、グローバル全体のdentsuのクリエイティブ領域を包括的に統括するグローバル・チーフ・クリエーティブ・オフィサーに就任した。電通グループがグローバルで提供するすべてのサービス領域を横断して、クリエイティブのケイパビリティを最大限に引き上げ、専門的な知見の拡充を図る。

 また同氏は、dentsuのクリエイティブエージェンシーブランドの総称である「Dentsu Creative」による企業・ブランドへの提案も主導していく。加えてクリエイティブ、プランニング、イノベーション、デザインにおけるグローバルな専門家を育成することで、強力なチームの構築を目指す。なお、同氏は現職も継続する。

【関連記事】
dentsu Japan、アイアンドシーパートナーズを傘下に 日本全国の顧客へのサービス強化を目指す
電通グループの国内事業、「dentsu Japan」にブランド名を変更 関西・中部代表の設置へ
電通グループ、日本国内におけるマーケティング領域の脱炭素化イニシアティブを立ち上げ
電通グループ、「2024 メディアトレンド調査」を発表 メディア業界における10の変化要因を紹介
電通グループら、実空間と連動したNFTにおける実証実験を実施へ 地理空間情報をメタデータとして紐付け

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/01 14:23 https://markezine.jp/article/detail/43987

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング