SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドビ、Flashコンテンツの検索精度を向上させるテクロノジーをGoogleとYahoo!に提供

 Flashファイル(SWF)内の静的なテキストやリンクについては、すでに検索エンジンによりインデックス化されているが、リッチ インターネット アプリケーション(RIA)やダイナミックなWebコンテンツは、内容が変化するためすべてを検索対象とすることができなかった。

 Adobe Systemsは最適化されたAdobe Flash PlayerテクノロジーをGoogleとYahoo!に提供し、両社はSWFのインデックス作成用検索機能を強化。現在検索できない情報を検索可能にするためのサービス改善に乗り出した。Googleはすでに同社の検索エンジンにAdobe Flash Playerテクノロジーを組み込んでおり、Yahoo!もSWFアプリケーションのWeb検索機能を改善する予定。

 現在、GoogleとYahoo!のみに提供している技術は、将来的にはすべてのコンテンツパブリッシャー、デベロッパー、エンドユーザーにまで提供する予定だという。

【関連記事】
Google、Flashファイルのクロールを開始
アドビ、Flashに対応した「Acrobat 9」を発表、PDFにH.264ビデオの挿入・再生が可能に
Adobeもアフィリエイトプログラム提供開始、最大で売上の10%が報酬に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/04 17:05 https://markezine.jp/article/detail/4408

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング