SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

note、Adobe Expressと連携 AIによって文章から見出し画像を生成できる機能をリリース

 noteはアドビと連携し、デザインツール「Adobe Express」で記事の見出し画像を作る機能をリリースした。

 同機能では、Adobe Expressに搭載されている生成AI「Adobe Firefly」の機能を利用することで、記事イメージに合ったオリジナルの見出し画像を自動作成。Adobe Expressとnoteの記事投稿画面をシームレスにつなげることで、noteの見出し画像をスムーズに生成できる。

 画像を生成する際に入力する文章が同じでも、スタイルやコンテンツタイプを変更することで、画像のテイストの変更が可能だ。

生成ワード「犬 お花畑 遊んでいる」で自動生成した画像(左からアート、写真、グラフィックのタイプで生成)
生成ワード「犬 お花畑 遊んでいる」で自動生成した画像(左からアート、写真、グラフィックのタイプで生成)

 またAdobe Expressで使える、105種類のnote用オリジナルテンプレートも提供。画像とテキストを組み合わせた見出し画像が作成でき、テンプレートは今後も随時追加される予定だ。

note用のテンプレートの一部
note用のテンプレートの一部

【関連記事】
実務者の学び直しにも!AIやCookieレスなど最新情報にも対応したWebマーケティング基礎講座
noteと博報堂、noteを活用した企業向け新ブランディングサービスの提供を開始
note、アドビと連携し、記事の見出し画像を作成する機能を追加 テキスト入力で画像を自動生成可能に
noteの「AIアシスタント(β)」、全ユーザーが利用可能に AIがコンテンツ作成をサポート
note、クリエイターエコノミー動向2023を発表 収益を得るクリエイターが前年比で27.3%増加>

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/17 10:45 https://markezine.jp/article/detail/44145

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング