SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第95号(2023年11月号)
特集『「知らなかった」では済まされない、法規制とマーケティング』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

noteと博報堂、noteを活用した企業向け新ブランディングサービスの提供を開始

 11月15日、noteと博報堂は、共創型・参加型の企業向けブランディングサービス「ソーシャル・ベンチレーション」の提供を開始した。

 同サービスは、企業・団体と生活者の間にポジティブで風通しの良いコミュニケーションを生み出すことを目的としたもの。生活者の関心が高い社会テーマを抽出する分析力・合意形成力を持つ博報堂と、広告やランキングがなく人や企業の想いやストーリーを届けやすいnoteの特徴を活かしサービスを提供する。

 同サービスでは、生活者が「ふだん思っていてもなかなか口にできない本音」を発信しやすくするために、企業と生活者が議論し合うための社会テーマを博報堂が設定し、note上に議論の場を提供。各企業・ブランドが、議論の内容を基にコミュニケーション戦略に活用するところまでを一貫して支援する。

サービスの概要

 テーマとしては、例として以下のものが挙げられる。

子どもと未来のこと

 化粧品メーカーが、多くの親が抱える悩みである「子どもへの学習機会をどう与えるか」をテーマに設定することで、母親の視点を商品コミュニケーションの設計に活かす

デジタル化する社会

 保険会社が、「スマートフォン/SNSとの付き合い方」をテーマに設定することで、家族のリアルな視点をファミリー向け保険商材のコミュニケーションに活かす

大人の生きづらさ

 介護用品メーカーが「言いたくても言いづらい介護する側の悩み」をテーマに設定するこしに悩む人々に寄り添う企業である姿勢を示す

 同サービスの活用により企業は、生活者が共感しやすいコミュニケーションテーマの発見や、生活者が疑問や不快に感じる文脈の事前発見・スタディ、議論のプロセスにおけるブランドと生活者のエンゲージメント深化の情報を得ることができ、今後のコミュニケーション戦略に役立てることが可能になる。

【関連記事】
note、アドビと連携し、記事の見出し画像を作成する機能を追加 テキスト入力で画像を自動生成可能に
noteの「AIアシスタント(β)」、全ユーザーが利用可能に AIがコンテンツ作成をサポート
大日本印刷、「ブルボンメタバース」のリニューアルを発表 地域と企業のブランディング目指す
Voicy、ブランディングをテーマにした音声トーク番組を開始
AOI Pro.とTastemade Japanが業務提携 広告主の企業ブランディング動画なども制作

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/15 15:15 https://markezine.jp/article/detail/44133

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング