SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

30分で学べる今やるべきメールマーケ施策 ブランド力を高めるBIMI規格への適用法とは[無料視聴]

 翔泳社が運営する「ECzine」は、2024年3月14日(木)に無料オンラインイベント「ECzine Day 2024 Spring」を開催する。令和の顧客体験をテーマとした本イベントは、アーバンリサーチやパル、eBay Japan、コメ兵、コクヨ、コープさっぽろ、東レ発のD2Cブランド「MOONRAKERS」などが登壇。基幹システム刷新や越境EC、ゼロからブランド力を高める秘訣などといった幅広い内容のセッションを用意している。

ECzine Day 2024 Spring

 14:30~15:00に行われるセッションは、デジサート・ジャパン合同会社 ダイレクト&チャネルマーケティング部 フィールドマーケティングマネージャー 上村淳氏が登壇する。

 One to Oneを追求する際、まず目を向けたいのがメール施策だ。ところが、GoogleではGmail宛に1日5,000通以上のメールを送付する事業者に対してドメイン認証対応を課すなどの規制を行っており、こうした最新情報へアンテナを張ることも忘れてはならない。

 本セッションでは、ガイドラインからプラットフォーム側に訪れている変化や、信頼度を高めるためのメール配信のコツを解説する。今年度の数字がイマイチ……と課題を抱える方は、ぜひ改善のヒントを得るために参加してみてはいかがだろうか。

 申し込みは1セッションからできるほか、事前申込期間中は視聴セッションの追加・変更も可能だ。人気のセッションは定員に達し次第、申し込みを締め切る場合もある。

 気になるセッションは、ぜひ早めに申し込むことをおすすめする。現時点で公開されているセッション情報は、次のとおり。詳細は「ECzine Day 2024 Spring」イベントサイトの「タイムテーブル」から見ることができる。

ECzine Day 2024 Spring セッションのご紹介

A-1

A-2

A-3

A-4

A-5

A-6

A-7

A-8

B-1

B-2

B-3

B-4

B-5

B-6

B-7

B-8

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/05 17:00 https://markezine.jp/article/detail/45048

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング