SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

200万人がゾンビに変身したモバイルキャンペーン「ゾンビちぇき!」がカンヌ国際広告祭で入賞

 今回受賞した「ゾンビちぇき!」は、映画「バイオハザード3」劇場公開時のプロモーションとして2007年に展開したサービス。顔写真をケータイメールで送ると、自動的にゾンビ顔に加工して返信されるというもので、延べ200万人以上のユーザーが利用した。

「ゾンビちぇき!」結果ページ

 入賞した理由について、ジェイマジック側は「「顔ちぇき!」の「顔デコ機能」によるリアルなゾンビ顔のクリエイティビティ、ゾンビ顔をオフィシャルサイトに投稿できるユーザー参加型の特性を評価されたものと認識している」とのコメントを発表している。

 ジェイマジックは、携帯で撮影した顔写真を送るとどの有名人にどれだけ似ている有名人を教えてくれる「顔ちぇき!」を2007年4月に公開。1年後の2008年4月には累計利用者数8900万人、ユニークユーザー数880万人を突破する人気サービスに成長した。「顔ちぇき!」は「ゾンビちぇき!」以外にもさまざまなモバイルキャンペーンに活用され、「パパちぇき!」、「香りちぇき!」、「ピザちぇき!」、ハリウッドちぇき!」などのサービスを提供している。

【関連記事】
ユニクロがカンヌ国際広告祭で受賞、世界三大広告賞を総なめ
ニコニコ動画、メディア・アートの祭典「アルス・エレクトロニカ」で受賞!
ユニクロのキャンペーン「UNIQLOCK」が、195ヵ国で視聴数3,000万を達成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/11 11:20 https://markezine.jp/article/detail/4511

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング