SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

西口さん!難しいことはわかりませんが、マーケティングで一番大事なことを教えてください

【マーケティング入門第8回】一人に聞く「N1」だと、狭すぎませんか?


 現在、マーケティング領域では膨大な方法論や用語などの情報が氾濫し、初心者マーケターが知識や手法を学ぶ壁となっている。Strategy Partnersの西口一希氏は、初心者向け書籍『マーケティングを学んだけれど、どう使えばいいかわからない人へ』(日本実業出版社)への反響から、「さらにかみ砕いて伝えるべきだと感じた」という。本連載では、マーケティング領域に足を踏み入れて2年目のMarkeZine編集部・吉永が、西口氏にマーケティングの基本の“き”から質問。第8回は、「一人の意見に頼ると狭いのでは」というN1分析に関する誤解をひも解く。

5W1Hの「Why」こそ、把握すべき心理

MarkeZine編集部 吉永(以下、MZ):マーケティング入門連載の第7回ではN1インタビューの実演も交えて、顧客心理をいかに読み解けるかがマーケターの腕の見せどころだと伺いました。

西口:読者の皆さんも実感されていると思いますが、ネットの浸透とテクノロジーの発展によって、人の行動はかなりの部分がデータで取得できるようになっています。たとえば心拍数や瞳孔の開き具合など、今後は生体データの利活用も進むでしょう。もちろん本人の同意の上ですが、これが実現すると、好き嫌いや興味度合いといった程度の心理ならデータでの可視化も可能になります。

 そうすると、第7回でも触れたように「5W1H」のうちデータで取得できない心理が「Why:なぜそうしたのか?」なんですね。マーケターはここにこだわって、顧客に向き合い丁寧に対話していく必要があると思います。Why以外のWhen、Where、Who、What、How、つまり「いつ・どこで・誰が・何を・どうしたのか」は、ほぼ行動データとして取得できます。

MZ:第7回で私が受けたN1インタビューの実演を振り返ると、西口さんからの「なぜですか?」「どうして~だったんですか?」という問いかけにお答えした印象があります。あと、「それでどうでしたか、どう感じましたか」といった気持ちを聞く問いもありましたね。

西口:加えて、行動やその気持ちに至った経緯も質問しましたね。これは、カスタマージャーニーとそれにともなう心理変化を把握するための問いです。行動データの取得はこれからますますオートメーション化していくため、マーケターがやる必要はなくなっていくでしょう。

N1分析は、一人“だけ”に行うものではない

MZ:個人の話を深掘りしていくからこそ、行動の理由やそこまでの変遷を明らかにでき、マーケティングに活かせるのですね。逆にいうと、あのような聞き取り調査の仕方は、2人以上に対してはできなさそうです。

西口:そうですよね。ベテランの方なら、2人以上の顧客が同席する形でインタビューすることも不可能ではないでしょうが、難易度がとても高いです。顧客側が一人、こちらもなるべく主な聞き手は一人の座組みで聞くほうが、相手の集中力も途切れませんし本音を語っていただきやすいと思います。

 マーケティングのプロセスにおいてグループインタビューが有効な場合もありますが、「一人の体験を深掘りして心理を把握する」ことが目的なら、やはりお一人ずつ聞いていくことをお勧めします。

MZ:それでもやはり、「一人の意見を手がかりにマーケティングするのは不安」「非効率ではないか」と思われる方も多いのではないでしょうか?

西口:私もN1分析を提唱してからこれまで、そのような声を本当に多く聞いてきました。一人の情報では偏ってしまう、ニッチだと思われがちですし、投資対効果の点でも企業が「なるべく大勢に向けてアピールしたい、多くの人に受け入れられたい」と考えるのもわかります。だから、一定の母数に聞いた量的なアンケート調査を起点にしたくなりますよね。私自身も若手の頃そうしたやり方をして、失敗した経験があります。

 誤解しないでいただきたいのは、N1分析は決して「一人の意見“だけ”を頼りにする」ものではありません。実際には、N1に対するインタビューを繰り返して、より確度が高いアイデアを探ります。その過程で量的アンケートを使うこともあります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
一人の意見からヒントを探るのが、顧客起点マーケティング

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
西口さん!難しいことはわかりませんが、マーケティングで一番大事なことを教えてください連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

吉永 翠(編集部)(ヨシナガ ミドリ)

大学院卒業後、新卒で翔泳社に入社しMarkeZine編集部に所属。学生時代はスポーツマーケティングの研究をしていました。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/05 18:58 https://markezine.jp/article/detail/45192

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング