SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、AIを活用し7,000タイプのバーチャル生活者を生成するサービスのプロトタイプを開発

 博報堂は、生成AIを活用し生活者を深く理解するためのサービスのプロトタイプを開発した。

 同サービスでは、毎年7,000人に調査を実施している博報堂の大規模生活者調査データベース「HABIT」と生成AI技術をかけ合わせ、バーチャル生活者を生成。HABITのデータから生活者の基本プロフィール・価値観/意識・生活行動・消費行動・メディア消費・ブランド評価の情報を生成AIに読み込ませ、7,000タイプの生活者を再現した。

 生成AIを活用して多様なバーチャル生活者を作ることで、価値観・バイアス・状況などに左右されずに、リアルな意見やニーズを聞き出すことを目指す。具体的な活用シーンとしては、バーチャル生活者との対話を繰り返すことで、マーケティング・商品開発や組織作り、アイディエーション、ワークショップなどの領域を想定している。

 また同サービスでは、バーチャル生活者のインサイトやペルソナ、カスタマージャーニーの把握、そして時間・場所・コストに制約のないユーザーインタビューが可能となる。さらに、メッセージアプリのようなやり取りでバーチャル生活者の感情を引き出すUIや、複数のバーチャル生活者同士の会話を観察するようなUIといったデザインが備わっている。

 同サービスはプロトタイプとして、博報堂社内で試験的に利活用やブラッシュアップを実施。今後は対外的なサービス展開も見据えている。

【関連記事】
博報堂と博報堂テクノロジーズ、商品開発プロセスを効率化するAIサービスの業務活用を開始
博報堂、人間の感覚特性を活用した体験アイデアを創出するソリューションの提供を開始
博報堂と積水ハウス、共同プロジェクトを開始 顧客の生活行動データをAI解析し、住まいのサービス共創へ
博報堂ら、LINE上でタレントと疑似コミュニケーションができるAIチャットボットサービスを開発
博報堂ら、アイデア創出プロセスを研究する共同プロジェクト始動 発話や身体変化を自然言語処理技術で解析

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/22 12:15 https://markezine.jp/article/detail/45201

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング