SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IPGメディアブランズ、マット・ウェア氏の日本オフィス CEO就任を発表

 インターパブリックグループ(以下、IPG)のメディア・マーケティング・ソリューション部門であるIPGメディアブランズは、2024年4月1日付けでマット・ウェア氏がIPGメディアブランズ ジャパンのCEOに就任したことを発表した。

マット・ウェア氏
マット・ウェア氏

 マット・ウェア氏は、前職ではIPGメディアブランズのテクノロジー主導型のパフォーマンスエージェンシーであるKINESSOにおいて、アジア太平洋地域のCEOを務めた。デジタルメディア、マーケティング・オートメーション、アドバンスト・アナリティクス、コマースおよびAIに携わる11市場のデジタルエキスパートを統括し、アジア太平洋地域での11年間のうち5年以上日本を拠点としていた。

 CEO就任にあたり、同氏はIPGメディアブランズ ジャパンのネットワークを率い、広告主がメディア投資を最適化してビジネス成果を得られるよう支援していく。

【関連記事】
IPG メディアブランズ ジャパン、生活者が優先的に接触するメディアを調査 若年層は終日SNSを利用
マッキャンエリクソンとクラフト ワールドワイド、新代表取締役社長として青木貴志氏が就任
TBWA HAKUHODO、新たな代表取締役社長兼CEOに内田氏が就任
SAKIYOMI、執行役員制度を導入 執行役員CMOに24歳の田中氏が就任
博報堂プロダクツ、フォートンと資本業務提携 フォートン社長に博報堂プロダクツの高橋秀行氏が就任へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/02 15:45 https://markezine.jp/article/detail/45290

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング