SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Gaudiy、米国に現地法人を設立 サンリオ・集英社のIPコミュニティの海外展開を予定

 「ファンと共に、時代を進める。」をミッションに掲げ、Web3事業を展開するGaudiyは、米国ニューヨーク州に現地法人「Gaudiy US Inc.」を設立した。

 同社は、ファンコミュニティプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」を提供している。現地法人を構えることで、多様な価値観をもつ人々のニーズを的確に捉えたマーケティングを推進し、Gaudiy Fanlinkを活用したコミュニティのグローバルローンチを後押しする。

 その皮切りとして、エンターテインメント領域からの展開を予定。Web3や生成AIなどの先端テクノロジーと、漫画、アニメ、ゲーム、アイドルなどの日本のIP(知的財産コンテンツ)を掛け合わせることで、グローバル市場に挑戦する。

 2024年度は、サンリオ、集英社といったIP企業とともに、複数コミュニティの海外展開を予定している。

 同社は、Gaudiy Fanlinkを通じてエンターテインメントコンテンツの多様な楽しみ方を提供し、国境を越えて人々がつながり、“好き”や“夢中”で生活が成り立つ社会「ファン国家」の実現を目指す。

【関連記事】
電通ら5社、Web3ゲーム特化の横断マーケティングチームを発足
ラバブルマーケティンググループ、「新規事業開発室」を新設 海外事業やWeb3、AI領域の展開を加速
【耳から学ぶ】現代の子育て世帯の意識・価値観とは?/サンリオに学ぶブランドコミュニケーション
サンリオ初、リアル社員Vtuber「なつめれんげ」が誕生
集英社、広告配信・分析サービス「Shueisha Data +」を開始 各種サービスを横断した活用へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/28 17:15 https://markezine.jp/article/detail/45780

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング