MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【デジカメ撮影術】フラッシュの光量が雰囲気を決める

2008/09/05 11:00

 フラッシュは、暗所や夜間を照らすだけでなく、雰囲気作りや逆光を防ぐ目的でも使用します。どちらの場合も、ポイントは光量の調整です。コンパクトカメラのモード選択で対応可能な場合もあるので、その技法を覚えておくと便利です。【バックナンバーは こちらから!】  

やわらかい光でナチュラルに仕上げる

 野外でなくとも、フラッシュの光量の調節は必要です。たとえば、被写体に直接フラッシュを浴びせて撮影すると、反射が強いため、影が濃く出て、硬い雰囲気になってしまいます。これでは、いかにもフラッシュを使用して撮影しました、という写真に仕上がってしまいます。

 意図的にこうした印象を作り出す場合を除き、一般的には、フラッシュの使用を感じさせない、ナチュラルな仕上がりを目指します。ナチュラルな色調にするには、フラッシュの光をやわらかくする技法をとります。ここでは、2つの技法を紹介します。

 1つめはバウンス撮影です。バウンスは「跳ねる」という意味で、一度、別の物に光を反射させてから被写体に当てる技法です。バウンスした光は散光となり、光量が落ちます。すると、直接被写体に光を当てた場合よりも、やわらかく、より広い範囲を照らすことができるのです。ヘッド部分が動く外付けフラッシュが必要になります。

 もう1つは、ディフューズ撮影です。ディフューズは「拡散」を意味します。フラッシュの発光部に、白い紙状のものを通して発光させ、フラッシュ光を拡散させる技法です。フラッシュ専用のディヒューザーが発売されています。静物撮影では、トレーシングペーパーなどを使うこともあります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5