MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【デジカメ撮影術】露出補正で写真の明るさを決める

2008/09/16 11:00

 露出補正は、画像の明るさを調整する機能です。カメラが自動で設定する露出で、希望どおりの明るさが得られない場合に使います。明るさは写真における表現手段の1つでもあるので、露出補正を使いこなせるようになりましょう。【バックナンバーは こちらから!】  

露出設定のクセをつかんで的確な補正を

 露出とは、シャッターの開き具合(絞り)とシャッタースピードの組み合わせで、光の量を調整する機能です。デジカメには、被写体から反射される光の量を読み取り、自動で露出を設定する「オート露出」や、絞り優先モードなど、半自動で露出が決まる「半自動」設定があります。

 露出をカメラに任せると、同じ場所で撮影しても、被写体自身の色の明るさ、光の差し込む角度の違いなどにより、設定される露出は大きく異なります。そうした設定で撮影すると、明るすぎる、暗すぎるなど、極端な画像になりがちです。

 これを防ぐために、「露出補正」という画像の明るさを補正する機能があります。数値で調整する仕組みで、プラスに動かせば明るく、マイナスに動かせば暗くなります。

 デジカメによるオート露出(半自動も同様)では、明るい被写体に対しては、光量を減らして適正値に近づけるように働くため、暗いほうに設定されます。そこで露出補正で、プラスに動かします。反対に反射率が低いような暗い色の被写体に対しては、光量を増やそうと、明るめに設定されます。このときは、露出補正で、マイナスに動かして調整するわけです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5