SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニューズウォッチ、検索サイト「コトバノウチュウ」公開

 「コトバノウチュウ」(http://kotochu.fresheye.com/)のトップページでは、ウェブ、ニュース、テレビなどに使われた最新キーワードを自然言語処理により抽出し、独自のスコアリングにより話題性を算出し、スコアの高い順に表示する。このキーワードは10分ごとに更新され、ユーザーは検索ワードを入力することなく、ワンクリックでの検索が可能となる。

「コトバノウチュウ」のトップページ

 ワードのつながりを表す「ギンガ」では、検索ワードに関する関連ワード群をウィキペディアより抽出するほか、ウェブ、ニュース、画像、動画の各検索結果が一画面に表示される。また、「スマート検索表示」では、企業名で検索した場合は地図、公式サイト、株価情報、最新の関連ニュース等が表示されるなど、検索ワードの属性によって、ユーザが求めていると思われる情報を表示することができる。

 ニューズウォッチは今後、このサービスを充実させ、既存サービスである「フレッシュアイ」との相乗効果を高めるとしている。

【関連記事】
Googleが新しい検索モデル「ユニバーサル・サーチ」への移行を発表、検索結果の「質」はどう変わったのか
Google、検索結果のパーソナライズ機能をさらに強化
Google出身者がつくった新しい検索エンジン「Cuil」は、Googleを超えるか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/01 15:05 https://markezine.jp/article/detail/5227

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング