SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

マーケティングの未来を探求!MarkeZine Day 2008レポート

【MarkeZine Dayレポート】
「リニューアルは単なるスタート地点」サイトリニューアルで失敗しないためのポイントとは?

 9月12日(金)に開催された「MarkeZine Day 2008」。Bトラックで行われたセッション「サイトリニューアルで失敗しないために~Before-Afterのアクセス解析チェックポイント」では、株式会社デジタルフォレストの石井陽子氏が、サイトリニューアルにあたってどこに着目し改善していくべきか、そのポイントとアプローチ方法について紹介した。【その他のレポートはこちらへ】

何のためにリニューアルを行なうのか

 石井氏はまず、サイトリニューアルに当たっては「Before=真に効果あるリニューアルのための事前分析」と、「After=リニューアル後のアクセス解析による効果測定」の2つが必要だと指摘した。

 「最初に行うのは、『何のために行うのか?』を明確にすることです。一般にサイトリニューアルというと、全部新しく生まれ変わるという印象がありますが、大事なことは“Fit & Gap”つまり、サイトのどこに目的とのギャップがあり、どう直せばよいのか判断し、どれから先に直すのか優先順位をつける。この現状把握を行うことなのです

株式会社デジタルフォレスト チーフコンサルタント 石井陽子氏

 もちろん、そうした現状把握の方法にもいろいろあるが、今回は紹介した手法は「定量アクセス解析」だ。

 「リニューアルに先立って、改善箇所を見つける上でどんな点に着目するか尋ねると、多くの方が『とりあえずページビュー(PV)を見て、よく見られているものを強化する』と答えます。しかし単純に“よく見られているから”というだけでは、本当にそこがキーポイントなのかどうかは、実はわかりません

何を目的としてコンテンツを見ているのか?

 たとえば、「社長のブログ」のPVが高いからといって、このバナーをいきなりトップぺージに大きく貼ることはないだろう。ここで必要なのは、「社長ブログのPVが高い」ということではなく、「なぜ高いのか?」その背後にある原因や関係をつきとめることにある。

 「さらにセッション履歴を精査した結果、社長ブログを見ているのは採用希望者が多いようだというのが見えてきました。そこで、採用コーナーからブログへのリンクを張ることに落ち着きました」これはPVの多さを独立した点として見るのではなく、ユーザーの動きそのものを線でとらえてボトルネックを発見するというアプローチだと石井氏は指摘する。

 「ここで発見した問題点について仮説を立て、それに対して定量的な測定・検証を行っていくことが、適確で効果の高いリニューアルを実現します。表面的なPVだけで判断することは、数字の内部に潜んでいる事実を見逃しがちです。PVは少なくてもコンバージョンが多い部分、たとえばコンサルティングページに来る人数は少なくても、問い合わせは多いのならば、ここを重点コンテンツにする意味はあります

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
リニューアルは単なるスタート地点

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マーケティングの未来を探求!MarkeZine Day 2008レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Office Louge 工藤淳(オフィスローグ クドウアツシ)

IT系出版社勤務を経て独立、現在フリーランス。もともと文系出身なので、「非技術者が読んで意味がわかるか?」を考えながら書くのが得意。とはいうものの、楽器から建築、自動車まで何でも注文があれば書いてきたのが、気がついたらIT専門のような顔をして仕事をしているというのはナイショ。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング