SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました

【会社訪問】技術とアイディアに集中できる職場、フィードフォース

 ちょっと気になる感じの会社におじゃまし、社長さんやスター社員にインタビューしてみよう!というこの企画。今回は、「最先端のテクノロジーとマーケティングを融合」しているフィードフォースに行ってきました(この記事は、CAREERzineから一部を転載したものです)。

最新のテクノロジーで企業メディアの2.0化を支援

 株式会社フィードフォース(東京都文京区:以下、フィードフォース)は、RSSフィードやメタデータを活用した、企業向けのマーケティングサービスを提供する企業。設立は2006年で、現在の社員数は20名。約半数がエンジニアという、モノ作りを重視する会社だ。

 「ウェブサイトの受託開発を主に行う、ルートコミュニケーションズが当社の前身です。2005年からRSS関連のサービスを始めたのですが、翌年に分社化を行い、フィードフォースが誕生しました」と、同社設立の経緯を話すのは、フィードフォースの代表取締役を務める塚田耕司氏。

 ここではフィードフォースについて、塚田氏と、同社技術チームの鈴木将高氏への取材をもとに紹介しよう。

 フィードフォースの主力製品は、RSS総合管理ツール「RSS Suite」、デスクトップ情報配信ツール「RSS Gadget」、メタデータプラットフォーム「Contents Feeder」。高い導入実績を誇る「RSS Suite」は、開始からわずか2年で100社以上の取引先を開拓。全日空やリクルートなど、名だたる企業が同社のサービスを利用している。

 「サイトは持っていても、RSSフィードを使って更新情報を配信している企業はまだまだ少ないのが現状です。しかしながら、自社でフィードの配信の仕組みを作るには、時間もコストもかかります。ところが『RSS Suite』を使えば、フィードの生成、配信、管理、さらには効果測定が可能。RSSマーケティングをアシストする、オールインワンパッケージなんです」(塚田氏)

 企業の活用法はさまざまだ。例えば通販大手のニッセンの場合、取り扱う製品カテゴリーごとに最新情報をフィードで配信。ユーザーは、自分が希望するカテゴリーを登録しておけば、自分の興味・関心のあるニュースだけを手軽にチェックできる。複数あるサイトのコンテンツ連携にフィードを活用している企業も多い。

 「私たちは単にサイトのRSSを配信するということではなく、一歩進んだ利用としてマーケティングやSEO、モバイル、ソーシャルメディア連携など、フィードを活用することで企業サイトの可能性を広げていきましょう、という提案を行っています」(塚田氏)

オリジナリティへの徹底的なこだわり

 そのサービスで高い評価を得て、急成長を遂げるフィードフォース。さらに聞くことで分かったのは、じつに、個性的な会社であるということ。

 「当社をひと言であらわすと、『最先端のテクノロジーとマーケティングを融合して、企業の情報発信を支援する会社』となるでしょうか。フィードやメタデータの活用を事業の中核に据えるという意味で、いわゆる『Web2.0関連企業』に分類されることもあるのですが、一方で企業向けサービスとして着実にマネタイズできているという面では少し毛色が違うのかな、とも思います」(塚田氏)

 サービスのオリジナリティへの徹底的なこだわりも特徴だ。国内IT企業の多くは、海外で話題になったサービスのコピーやアレンジに落ち着くケースが目立つが、フィードフォースは違う。

 「こんなテクノロジーがあったとしたら、国内の環境においてはどう使われるか? どう売れるだろうか? ……というように、常にゼロベースからサービスを生み出すことを心がけています」(塚田氏)(この続きはCAREERzineでどうぞ!)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング