SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソフトバンクが純増数1位を明け渡すときが来たか?混戦の事業者別携帯契約数

 社団法人 電気通信事業者協会が11月10日に発表した、2008年10月の携帯電話の契約純増数で1位となったのはソフトバンクモバイル。以下、2位イー・モバイル、3位au、4位はNTTドコモとなった。1位を維持しているソフトバンク以外は、各社の順位は毎月めまぐるしく変わっている。

事業者別契約数の推移 (2008年4月~10月)

 10月末時点での携帯4社の累計契約数をまとめると、NTTドコモの累計契約数は5396万9600件でシェアは51%。急成長のイー・モバイルは91万4200件でようやく1%に達したところ。

2008年10月の累計契約数における4社のシェア

 そのなかで気になるのは、1位のソフトバンクの純増数が右肩下がりとなっていること。破竹の勢いで契約数を伸ばしていたときとは異なり、もはやソフトバンクモバイルのサイトで「純増数1位」という言葉が華々しく取り上げられることもなくなってきた。11月もイー・モバイルが伸び続け累計100万件に達したとき、ソフトバンクモバイルが純増数1位の座を明け渡すことになるかもしれない。

【関連記事】
サービス満足度1位はau、端末メーカー1位はソニエリ【J.D. パワー顧客満足度調査】
7月の携帯契約純増数でauが絶不調、iPhone発売もソフトバンクの伸びはやや渋め?
NTTドコモ、携帯純増数でイー・モバイルに抜かれる
iPhone 3Gが見せた圧倒的な初速、3日で100万台達成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/11/14 10:00 https://markezine.jp/article/detail/5894

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング