MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソフトバンクが純増数1位を明け渡すときが来たか?混戦の事業者別携帯契約数

2008/11/14 10:00

 社団法人 電気通信事業者協会が11月10日に発表した、2008年10月の携帯電話の契約純増数で1位となったのはソフトバンクモバイル。以下、2位イー・モバイル、3位au、4位はNTTドコモとなった。1位を維持しているソフトバンク以外は、各社の順位は毎月めまぐるしく変わっている。

事業者別契約数の推移 (2008年4月~10月)

 10月末時点での携帯4社の累計契約数をまとめると、NTTドコモの累計契約数は5396万9600件でシェアは51%。急成長のイー・モバイルは91万4200件でようやく1%に達したところ。

2008年10月の累計契約数における4社のシェア

 そのなかで気になるのは、1位のソフトバンクの純増数が右肩下がりとなっていること。破竹の勢いで契約数を伸ばしていたときとは異なり、もはやソフトバンクモバイルのサイトで「純増数1位」という言葉が華々しく取り上げられることもなくなってきた。11月もイー・モバイルが伸び続け累計100万件に達したとき、ソフトバンクモバイルが純増数1位の座を明け渡すことになるかもしれない。

【関連記事】
サービス満足度1位はau、端末メーカー1位はソニエリ【J.D. パワー顧客満足度調査】
7月の携帯契約純増数でauが絶不調、iPhone発売もソフトバンクの伸びはやや渋め?
NTTドコモ、携帯純増数でイー・モバイルに抜かれる
iPhone 3Gが見せた圧倒的な初速、3日で100万台達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5