SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メガネ市場は買換えサイクルの長期化などで右肩下がり、3プライス店は若年層に人気

 発表されたデータは、メガネフレーム販売チャネルのうち、「眼鏡専門店・チェーン店」、「眼鏡専門店・3プライス店」の2チャネルをカバーしており、この2チャネルは、金額ベースで全チャネルの約70%を占めている。

 2008年1月から10月において、メガネフレームの販売数は月平均で約110万枚。最も売れ筋のフレーム販売価格帯は「5000円未満」(25%)、「5000円以上7500円未満」(20.2%)となっている。3プライス店でのフレーム+レンズのセット価格は、主に5000円台、7000円台、9000円台、1万円前半台に設定され、そのうちフレーム単体価格は「5000円未満」、「5000円以上7500円未満」に多くが集中している。

販売価格帯別構成比(2008年1月~2008年10月累計)

 かつては、3月とボーナス時期の6・7・12月に販売ピークを迎えるカテゴリーだが、データ上からは6・7月に山は見られず、消費者の購入時期が分散してきている。3月の販売枚数は対象期間中で最も多いが、この伸びは「3プライス店」からもたらされている。3プライス店の顧客は若年層が多く、新学期、新入学、就職等、新生活を控えたこの時期に購買者数が増えるものと思われる。

 メガネフレームおよびレンズ合計の2008年総市場規模は、対前年比4.8%減の4377億円と推測され、買い替えサイクルの長期化、低価格セット販売チャネルの出現・伸張と、それに伴う単価の下落によって右肩下がりの傾向を続けている。

【関連記事】
日本の“マルキュー”ファッションを中国市場へ、百度とアクロディアがECサイトビジネスを共同展開
価格.com、ファッション・食品でもクチコミ・評価投稿が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング