SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ボーナスを「投資・資産運用に使う」半減、FX人気は急落【楽天リサーチ調べ】

 今回の調査は、冬のボーナスが支給される予定があるか、すでに支給されている全国の20~60代の男女計1,000人(男女各500人)を対象にして実施された。

 2008年冬のボーナスの平均支給額は56.44万円。回答者全員に今年のボーナスの支給額、もしくは支給見込額についてたずねたところ、「昨年と変わらない」が34.3%だが、額は異なるものの「減りそう」という回答の合計は37.4%となり、「昨年と変わらない」を3.1ポイント上回っている。「増えそう」という回答の合計は17.4%に止まり、ボーナスの減額傾向がはっきり現れる結果となった。

 ボーナスの使いみちについては、「貯蓄」と答えた人が40.8%。以下、「買物」(23.6%)、「ローン・借金返済」(22.4%)、「生活費の補填」(21.9%)、「旅行・レジャー」(19.5%)と続いている。性・年代別では、20代、30代の女性で「貯蓄」という回答がそれぞれ50%以上と高くなっている。また、ボーナスを「投資・資産運用」に使うと答えた人は、昨年の12.4%から6.1%と半減している。

 投資経験がある人に具体的な運用商品をたずねたところ、「現在購入しており、今年の冬のボーナスでも引き続き購入する」という選択肢で最も多かったのが「国内株式」(67.2%)、「今年の冬のボーナスで新しく購入する」という選択肢で多かったのは、「外貨預金・外貨MMF」(8.6%)、「国内株式」(6.9%)、「個人向け国債」(6.9%)で、一時期人気を集めていた「外国為替証拠金取引(FX)」は、新規購入意向が1.7%と極めて低い水準に止まっている。

 また、投資・資産運用に対する考え方で最も多かったのは「低リターンでも、元本が保証された安全な金融商品を選びたい」(48.8%)で、「低リターンでも、元本割れする可能性が小さい金融商品を選びたい」(10.1%)と合わせると、6割近くの人が低リスク志向を示している。性・年代別で見ると、“低リスク志向の50代女性”と“比較的高リスク志向の30代男性”という投資スタイルの差が見られた。

【関連記事】
ボーナス時と普段でこんなに違う、女性のお金の使い方【JTB調べ】
個人投資家が最も投資してみたい金融商品1位は「日本株」、「FX」は4位
あなたはどのタイプの投資家? 「MONEYzine」で投資家診断コンテンツがスタート
投資をしない理由「資金がない・損するのが怖い」、しかし老後への不安も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/24 11:50 https://markezine.jp/article/detail/6200

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング