SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題の書籍を紹介!

ASP or ソフトウェア導入、メールマーケティングサービスの選び方 【メールマーケティング基礎】


 メールマーケティングは、適切な配信ツールの活用や、外部の会社に任せることにより担当者の負荷を減らすことが可能です。本稿では、利用するツールやサービスを選択する際に、考慮すべき点を解説します(この記事は『オンライン・マーケティング&ネット広告 HANDBOOK』から転載しています)。

ソフトウェア vs ASP

 顧客のデータ分析に基づき、One to One配信するためには不可欠なメール配信システムは自社のシステム環境に導入するソフトウェアを購入する場合と、ASPで利用する場合の2つの選択肢があります。

 顧客情報のセキュリティを懸念する場合、ソフトウェアを導入することが多いようですが、代表的なASP各社も情報セキュリティには十分な対策をとっており、多くの大手企業もASPを利用しています。またASPを利用する場合は、随時追加される新しい機能を使えるというメリットもあります。

 代表的なASPともなると、各社機能が充実しており、機能面だけではあまり格差はみられないでしょう。そこでASPを選ぶポイントになるのは、(1)機能をカスタマイズできるか、(2)インターフェースの使いやすさの2点です。いずれにしても、導入を検討する際には、デモやサンプルで実際にシステムの使いやすさを確かめることをオススメします。

オプションサービスとサポート体制

 ASPやソフトウェアを導入し、自社でメール配信作業を行う場合は、メールや電話でのサポートが充実しているかどうかも、選択する上での重要なポイントです。また、ASPによっては、オプションとしてクリエイティブの作成や、メールの配信作業を提供している場合がありますので確認してみましょう。

 メールマーケティングを導入したくても、社内のリソース確保が難しい場合は、メールマーケティングのコンサルティング会社に、顧客データの分析から、シナリオ設計、配信、効果検証までトータルにアウトソースするという選択肢もあります。

 コンサルタントにお願いする場合は、戦略立案が重要になりますので、担当者は自社の課題やゴールを明確にし、コンサルティング会社に伝えることが必要です。ただし、BtoCの顧客リストであれば3万件以上、BtoBは1万件以上を保有し、数ヶ月のプロジェクトあたり300万円以上の費用がかかるので、コンサルティングを利用できる対象は限られてくるでしょう。

【メールマーケティング基礎】他の記事も読む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
話題の書籍を紹介!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大山 忍(オオヤマ シノブ)

米国大学卒業。外資系企業を経て2000年にネット広告効果測定ツールを提供するベンチャーに創業メンバーとして参画。その後、バリューコマース株式会社と合併し、アフィリエイトシステムの開発企画やマーケティングマネージャーを務める。2007年1月にオムニチュア株式会社(現Adobe)に参加、コンサルティングサービスを立ち上げる。ビジネスコンサルタントとして米国のベストプラクティスを日本の課題やニーズに合わせて提供、ウェブ解析やガバナンス(データ主...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/29 21:54 https://markezine.jp/article/detail/6380

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング