SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

超リアルタイムツール「Twitter」、法人アカウントの有料化やTwitter版AdWordsの可能性も?

 Twitterが今年に入って、ベンチャーキャピタルから3500万ドルの出資を受けたことから、同社が収益化に向けてどのようなサービスを展開するのかに注目が集まっている。ネットユーザーの最もリアルタイムな反応に触れることができるTwitterは"hyper real-time tool"とも評され、いま何がどのように話題になっているのかを知りたいマーケッターにとって、600万人のTwitterユーザーのログは宝の山なのだ。 

 Twitterにはさまざまなビジネスの可能性があるとされているが、その中には法人アカウントの有料化がある。たとえばDELLはTwitterに80ものページを公開しており、そのひとつである「DellPutlet」では、2月に「DellPutlet」のページをフォローしている米国のTwitterユーザー限定で毎週特価で製品を提供するセールを展開した。

 また、Twitterが収益を得る方法として、ログの検索結果にAdWordsのような広告を表示する方法も考えられる。Twitterは2008年にSummizeを買収して、検索エンジンを手に入れた。そして今年2月に、自分のアカウントにサインインすると利用可能になる検索機能のテスト運用を開始している。しかし、広告業界情報サイト「AdAge」では、Twitterには将来リアルタイムの情報が返ってくるQ&Aサービスに発展する可能性があるとしており、それはGoogleで過去記事を検索するのとは違う、新たな価値を生み出すと指摘している。

【関連記事】
Twitter、検索機能をホームページへ追加するためのテスト中
日本語版「Twitter」にトヨタが広告展開、自動車情報を配信
価格.com、テレビ番組で紹介された商品をリアルタイム購入できるサービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング