SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Microsoft、Windowsフォンのアプリ開発者に売上の7割を還元

 「Windows Marketplace for Mobile」では、開発者がアプリケーションの価格を設定し、その売上から7割を得ることができる。アプリケーションは登録料99ドルで5つまで登録でき、さらに追加する場合は1つのアプリケーションごとに年間99ドルかかる。ただし、学生の場合は、MicrosoftのDreamAparkプログラムに登録すると免除される。

 Windows Marketplace for Mobileは今春オープンして開発者の登録を開始し、アプリケーションの登録が可能になるのは夏からとなる。開発者は、Windows Marketplace for Mobileを通じて、Windows Mobile 6 SDKや.NET Compact Framework 3.5を含む開発ツールやテクノロジを利用することができる。Microsoftは、次世代OSのWindows Mobile 6.5では、より高度な開発が容易に行えるとして、多くの開発者にWindowsフォン用のアプリ開発を利用を広めたい考えだ。

 Google主導で普及を進めているAndroidも、2008年10月にマーケットプレイス「Android Market」を公開している。登録費は25ドル、開発者が売上の70%を、残りはキャリアが受け取り、Googleは一切のマージンを受け取らない方針を明らかにしている。今回の「Windows Marketplace for Mobile」によって、Appleが口火を切った開発者を巻き込んだ競争が本格的に展開されることになる。

【関連記事】
「Android Market」公開、売上の7割は開発者、3割はキャリアへ配分
App Store対抗? Android携帯端末向けコンテンツ配信システム「Android Market」構想
アップルの2つのオンラインストア、App Storeはダウンロード数1億本を突破、iTunes Storeはレコメンド機能で活性化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/12 22:33 https://markezine.jp/article/detail/6840

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング