SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Googleが関連検索を強化、概要テキストも行数拡大

 2つの改善点のうち、ひとつはユーザーが検索しているキーワードから類推して、関連した情報を提供するキーワードの組み合わせを表示すること。たとえば「principles of physics(物理法則)」で検索したときには、「physics special relativity(物理 特殊相対性理論)」のように、Googleが関連するキーワードを付加した検索結果へのリンクがページの下部に表示される。このため、ユーザーはキーワードを入力することなく、検索を新たな方向へ広げることができる。

関連検索はページの下部、または上部にも表示される

 また、検索結果のそれぞれに付される概要を表す「スニペット」と呼ばれる2~3行のテキストでは、キーワードが太字で強調され、3語以上のキーワードを使うときは行数を増やすことによって目的の検索結果であるかを判断しやすくしている。

【関連記事】
GoogleとWPPがオンライン広告の研究を助成、心理学・脳科学も援用
Google Insights for Searchに新機能、ニュース・画像・製品検索もデータソースに
ボイスメールをテキスト化する「Google Voice」公開
「続きはウェブで!」の予想だにしない展開とは?キーワード選びの落とし穴を検証

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング