SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「リア充」に必要なのは睡眠、ネットユーザーのリアルライフに意外な共通点

 アイシェアは、ネットユーザーのスラングについての調査を行い、20代から40代のネットユーザー436名から回答を得た。今回調査したのは、以下のグラフにある10種類のスラングについてで、最も認知度が高いのは「ぐぐる」ですべての年代で9割を超えており、「DQN」、「ワロス」、「痛車」が全体の5割ほどとなっている。

どの言葉を知っていますか(知っている言葉がある人限定)

 また、趣味・仕事・人間関係など、実生活が充実していることを「リア充」の定義として、ネットユーザーに自己判定をしてもらったところ、「かなりリア充」と「どちらかといえばリア充」を合わせた全体の「リア充」率は53.4%。特に数値が高かったのは女性で6割を超えている。

 「リア充」とそうでない人を比較すると、プライベートでインターネットを使う時間が5時間以上というヘビーユーザーの割合が、リア充は少なめ。さらに、リア充はしっかり寝ている人が多く、平均的な睡眠時間は「6時間以上」が57.1%で、リア充の半数以上がロングスリーパーという結果になった。

【関連記事】
英国ネットユーザーに人気の“節約のエキスパート”、検索数でオバマ氏を上回る
「ヤフーな人」の平均年齢は「グーグルな人」より4歳若いが既婚率は上、グーグルな人は国立大出身者多し
家に帰ったら「テレビをつける」と「パソコンをつける」がほぼ拮抗
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング