SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第100号(2024年4月号)
特集「24社に聞く、経営構想におけるマーケティング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

データスタジアム、プロ野球「一球テキスト速報サービス」の配信スタート、1シーズン通算25~30万球を速報

 データスタジアムでは、一球ごとの情報をもとに自動的にテキスト生成するプログラムを開発しており、「一球テキスト速報サービス」では、すべての投球に対して、投球カウント・球種・投球コースなどの情報、打者のアクションを提供する。

一球テキスト速報の配信イメージ

 データスタジアムは、プロ野球が開幕する4月3日に合わせて、全試合・全投球に対してテキスト情報をほぼリアルタイム配信する。シーズン中の球数は通算で約25~30万投球になるという。これによって、投球情報を中心に「試合が今、どのような戦況か」をテキスト情報で表現できるようになり、多彩な試合速報情報をユーザーへ提供することが可能となる。すでに、文藝春秋のスポーツ情報サイト「Number Web」向けに配信することが決まっている。

【関連記事】
みんな気になるWBC中継のバックネット広告は「ヴァーチャル広告」
WBC決勝の視聴率37.6%は高い?低い? ネットやワンセグで多様化するスポーツ観戦形態
ワンセグでのプロ野球の延長中継、98.5%が「今後も見ると思う」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/02 16:43 https://markezine.jp/article/detail/7018

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング