SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「インプレッション数」と「クリック率」だけに注目しているマーケターが多すぎる、現代マーケター特有の課題とは?

 オムニチュアは、北米の中小企業、大企業に在籍するSEMマーケターを対象とした調査「Omniture Search Engine Marketing Readiness Survey」を行い、500人以上の回答を得た。この調査結果から、現代のマーケター特有の課題が浮き彫りになった。

 発表された中間結果によると、最適化作業でマーケターが重要視している指標は、1位「インプレッション数」(72%)、2位「クリック率」(61%)。しかし同調査では、SEM施策の最適化には、これらの表層的な指標だけでなく、ユーザーの獲得単価やユーザーの行動分析など、収益に影響を及ぼす解析に注力する必要があると指摘している。

 また、Eコマースに携わる人の40%が、顧客(または注文)あたりの利益を正確に計測する手法を「知らない」と回答。さらに、67%の回答者がキャンペーンを効果的に管理する十分な時間がないことが最重要課題としている一方、マーケターの多くが、Excelを用いて手作業でキーワード管理を行い、自動入札ツールを利用している人の割合は35%にとどまっている。

 キャンペーンの最適化をする前に、ツールやデータを効率的に使って収益向上につなげるために、マーケター自身の思考回路や仕事のやり方を最適化する必要がありそうだ。

【関連記事】
「“リスティング広告”の意味知らない」ビジネスパーソンの8割
不況を乗り切るデータベースマーケティングの極意とは?
「木を見て森を見ず、儲からず」ウェブ解析の間違った使い方

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/16 12:48 https://markezine.jp/article/detail/7122

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング