SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大日本、丸善店頭のデジタルサイネージを使った広告・販促パッケージを販売

 サービスの中心となる「マルエムビジョン」は、46インチのタッチパネルディスプレイを備えたデジタルサイネージで、大日本印刷が開発した情報配信ASPサービスを利用して音声付き動画や静止画を放映する。また、おサイフケータイに対応した携帯電話へ、商品の詳細情報を配信したり、イベント告知を行うことも可能だ。

丸善・丸の内本店、日本橋店、名古屋栄店に設置されている
ディスプレイは販売台と一体になっている

 放映コンテンツは、広告映像のほか、売上ランキングなどのオリジナル映像も流れる。全体の放映時間は10~15分で、コンテンツは2週間から1か月ごとに更新。大日本印刷は、マルエムビジョンやPOSレジ広告、携帯向け情報発信や店舗イベントなどを含むサービスパッケージを3種類(30万円・50万円・80万円)提供する。

 書店は、具体的な購入目的がなくても情報を収集するために来店する消費者が多い。このサービスを通じて、来店者の関心を引き出すとともに、今後はサービスを通じて収集したデータを、顧客企業の商品開発、効果測定などに活用していく。

【関連記事】
講談社、3秒で読める「瞬間誌」をデジタルサイネージで展開
ヤフーとCOMEL、デジタルサイネージとネットを連携させた実験を開始
複数の携帯画面で1つの広告を表示するデジタルサイネージが登場
病院での平均待ち時間は40分、待合室のデジタルサイネージにおける広告効果とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/17 11:25 https://markezine.jp/article/detail/7132

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング