MarkeZine(マーケジン)

記事種別

講談社・集英社・小学館と大日本印刷らがブックオフ株を取得、二次流通も含めた出版業の新システムを構築

2009/05/13 11:30

 講談社、集英社、小学館、および大日本印刷とそのグループ会社である図書館流通センターと丸善が取得するのは、Ant Global Partners Japan Strategic Fund Iとアント・DBJ投資事業有限責任組合が保有するブックオフコーポレーションの全株式で、発行済株式総数の28.90%を各社4~6%ずつ保有する。

 今後は、ブックオフとともに二次流通も含めた出版業界全体の協力・共存関係を構築することになるが、新刊を売る立場にある出版3社は、著者・著作権者へも配慮しつつ市場の構築を図るとしている。

【関連記事】
大日本印刷が主婦の友社と提携、出版業の合理化を推進
丸善、ジュンク堂、大日本印刷が業務提携、書籍販売市場の活性化をはかる
小学館、高橋留美子の新作まんがを日米同時ネット配信
講談社、3秒で読める「瞬間誌」をデジタルサイネージで展開
グラムメディアに、電通・ADK・集英社・みずほキャピタルが資本参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5